2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕎麦酒かわかつ@藤枝市

kage

2011/05/29 (Sun)

鶏を使ったランチがお得なお蕎麦屋です! かわかつ

食べ歩きの楽しみのひとつにお値打ちなランチやモーニングサービスを訪ね歩くというものがあります。しかし平日のみというお店が少なくありません。そんな中、藤枝駅前のかわかつ日祝日でもおいしくてお値打ちなランチサービスがあります。

一黒シャモの焼鳥丼です

こちらのお店は、藤枝の駅北口すぐの場所にあります。気になる駐車場ですが、専用のものはありませんが、店の向かいのコインパーキングに停めると1時間のサービス券をいただけます。これなら車で気楽に行くことができますね。

店内は夜には蕎麦を楽しむ居酒屋になるのでシックで落ち着いた感じです。カウンターと靴を脱いで上がるフローリングのテーブル席となります。ナチュラルな木の質感を生かした内装は従来の蕎麦屋と比べると違和感を感じるかもしれませんが、これはこれで現代的で若い人には気に入るかもしれません。

お値打ちなランチメニューです

ランチサービスは名物の鶏を使った丼セットからカツ丼、海老天丼などのお馴染みのものからうな丼まであります。値段はそれぞれですが、焼鳥丼か親子丼が1000円ポッキリでお値打ちかと思いました。我が家でも両方を食べ比べすることにしました。なお蕎麦は冷たいせいろか温かいかけが選べますが、我が家ではせいろを選びました。

待つこと7,8分で登場しました。そば屋のセットメニューでは丼ものか蕎麦のボリュームが少なくなることがありますが、こちらのものはご飯の量が若干少ないかなと思う程度で両方ともしっかりとしたものがあります。これは男性ならうれしいかと思います。本格的な手打ち蕎麦屋でこれくらいのボリュームのランチってなかなかお目にかかれないですからね。

ランチでもしっかりとした量がありますよ

さて、最初はお蕎麦からいただきます。こちらのものは10割ということですが、蕎麦の香りやのど越しという点では時期的なこともあってか十分ということではなかったですが、細めで丁寧な仕上がりは全国版のグルメ雑誌のそば特集に掲載されたこともあるだけのことはあると思いました。蕎麦屋のレベルが高い志太地区ではこれくらいのものが普通レベルになるんですから贅沢な感想になってしまいますね。

つけ汁は隣町が焼津だけに鰹節の香りも良いですし、返しなどもまろやかでキリリと冷えた蕎麦によく合います。また添えられた極限まで細かく薄く切られた九条ネギや香り豊かな山葵などの脇役が丁寧でうれしくなってしまいます。この辺りの気配りっていいものですね。

蕎麦は細めです

もうひとつの主役、丼ものはどうでしょうか。焼鳥丼(一番上の写真)は、大きく切られた皮付きの鶏肉がゴロゴロと入っているうえに緑色が濃い九条ネギがこれまたたくさん入っています。さらに隠れるように黄色が濃い卵の黄身までのっています。見ただけでおいしいだろうなぁとわかるルックスをしています。

果たして食べてみると大好きな味付けでした。最初は鶏肉だけを食べてみるとプリッとした新鮮な鶏肉がもつ滋味あふれる旨味が口の中に広がります。しつこくない醤油を主体としたタレの味わいもいいですし、合いの手となるネギの香りと大胆な切り方の食感も抜群です。さらに途中で黄身を崩して鶏肉に絡めて甘辛にして食べると旨さ2倍になります。蕎麦屋なのにこの焼鳥丼の旨さは主役を凌ぐほどです。

親子丼も人気があります

もうひとつの親子丼は焼鳥丼に比べると普通かなと思いましたが、これはこれで卵のとじ具合がトロットロッでご飯とよく合いました。ただちょっと甘目の味付けが好き嫌いが分かれるかなと思いました。こちらの方の鶏肉も焼鳥丼ほどではありませんでしたが、存在感があるおいしさがありました。

と、日曜のランチが良かったのでディナータイムに伺ってみました。本来ならば夜の顔であるお酒と肴をのんびりと愉しむ居酒屋として利用すべきなんでしょうが、仕事が忙しい時期なのでサクッと丼とお蕎麦だけとなりました。そんな申し出も嫌な顔ひとつしなく快く応対してくれました。親子で経営しているようですが、スタッフ全員がフレンドリーで気持ち良い接客をしているのも常連さんが多い理由のひとつなんでしょうね。この日もカウンターは満員御礼でした。

一黒シャモのメニューですよ

夜のメニューはお値打ちなセットものはありませんが、丼単体でも大丈夫です。前回おいしかった焼鳥丼のパーアップ版である一黒シャモの焼鳥丼と、これまた気に入った九条ねぎを大胆に使ったネギ蕎麦を冷たい汁でお願いしました。値段は両方で2千円程度ですから普通でしょうか。

最近は何でもブランド化されていますが、鶏肉も同じようであちこちで産地別や作る人別に色々なブランド鶏が出ています。こちらの店で出されている一黒シャモは放し飼いで丁寧に飼われている貴重なもので、提供されているお店は少ないようです。この鶏を焼鳥や刺身などありとあらゆる調理法で提供されていて、これを目当てで来店しているお客さんも少なくないようです。

一黒シャモの焼鳥ですよ

今回の焼鳥丼は私としても初めての一黒シャモだけにおおいに期待していたのですが、最初は硬いと感じるものの噛みしめるほど旨味が広がる臭みが全くない、ワイルドさと繊細さを併せ持つ鶏肉の凄さを感じるものの圧倒的な旨さを感じることができませんでした。これはフライパンでタレとともに焼いていることも一因かなと思ったのですが、シンプルな塩で炭火で焼けば本来の凄さを感じることができるかもしれませんね。

もう一品のネギ蕎麦には驚きました。小口切りの九条ネギがこれでもか!というほど山盛りになっているのです。普通のネギならば辛くなったりネギ臭くなって蕎麦の旨さをスポイルするのでしょうが、若主人の友人が京都郊外で栽培しているという九条ネギは甘味と辛味、旨味がバランスよく感じることができるので、スポイルするどころか蕎麦のおいしさにプラスの効能を与えてくれます。私などはこのネギを分けてもらってお好み焼きを作りたくなってしまったほどです。

九条ねぎがたっぷりのってます

さらにこの蕎麦の驚く点は、冷たい汁の味付けです。なんとお店で出している藤枝の銘酒杉錦などを大胆に贅沢に使った日本酒の香りがプンプンどころか全面に出ているもので、お酒が弱い人なら酔っぱらってしまうのではないかと思わせるほどのものです。隠し味どころではなくこれだけ日本酒を使っていながら蕎麦の味を殺さず生かす味付けになっているのは流石ですね。飲んだ後の〆にはぴったりだと思いました。蕎麦の新しい一面を垣間見たような気がしました。

と、こちらのお店は土日もやっているお値打ちなランチタイムに伺っても、夜の時間に一黒シャモを中心とする鶏料理や地の魚を使った一品料理とお酒を楽しんで〆に手打ち蕎麦を楽しむという、贅沢な時間を過ごしても満足できるかと思います。ただ夜はお酒を飲むとそれなりの値段がかかるようです。

藤枝駅前の便利な立地です

それにしても焼津から藤枝、島田という志太地区は水が良いのかお蕎麦がおいしいお店が多いですね。遠方から何軒もの蕎麦屋をはしごする蕎麦好きも多いようですが、泊りで来るなんて場合は夜はこちらの店で愉しむなんていいかもしれません。


蕎麦酒 かわかつ

藤枝市駅前1-8-5(藤枝駅北口すぐ)
054-645-1770 11:30~14:00 17:30~22:00
定休日月曜日、第1・3火曜日

この記事へのコメント

kage

家から近いので、時々利用しています。
ランチタイムのメニューは魅力的ですね。
焼鳥丼は私もよく食べます。

あと、お母さんの手作りの漬物は隠れた一品ですね。

Posted at 17:17:06 2011/06/05 by 必殺仕食人(ゴリ)

この記事へのコメント

kage

ゴリさん、こんにちは。

ゴリさんのブログで何回も拝見しておしそうだなぁと思ったのも行ってみたかった要因のひとつです。

確かにお漬物おいしいですよね。あとサービスもアットホームでいいと思います。それんしても藤枝はラーメンもお蕎麦もおいしいお店が多いですね。うらやましい限りです。

Posted at 20:41:24 2011/06/05 by SUZY

この記事へのコメント

kage

相変わらずの鋭い着眼点
さりげない、しかし、えげつないディスリ
が最高ですね

Posted at 17:37:43 2011/06/25 by  

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。