2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村田商店@榛原郡吉田町

kage

2011/08/21 (Sun)

自宅でうなぎを食べたくなったら! 村田商店

夏のスタミナ食のひとつにうなぎがあります。土用の丑の日であまりにも有名ですが、昨今のうなぎ稚魚の不漁により高騰を続けています。その影響もあってかうなぎ屋のうな丼をはじめ、スーパーで売られている蒲焼まで高くなっています。おいそれと気軽にうなぎを食べるという感じではなくなってしまいました。

うなぎといったらうな丼ですね

しかし、夏にはうなぎを食べたいものです。そこで我が家では持ち帰りのうなぎを愛用しています。最近のご贔屓は吉田町にある村田商店です。お店で食べることができるうなぎ屋はネットでたくさんでてくるのですが、持ち帰りのお店の情報は少ないのが実情です。私自身もあちこちのお店で買ったことがないので偉そうなことは書けないのですが、下手なお店で食べるなら自分の気に入った持ち帰りのうなぎ屋で買って自宅で作って食べた方が満足度は高いと思っています。

こちらのお店がある吉田町は言わずとしれたうなぎの町です。昔はそこかしこに養鰻池がありましたが、現在では埋立られ大企業の工場などになっています。が、まだまだ頑張っている養鰻場が隣の焼津市(旧大井川町)と合わせて残っています。もちろん、このお店でもそんな地元のうなぎを使っているそうです。

白焼きです

うなぎというと蒲焼が思いうかびますが、持ち帰りの場合は白焼きが主力商品となります。値段の差は大きさの違いとなります。春の時は一番安いものは700円以下で買えたのですが、昨今の値上がりのためかこちらのお店でも900円から千円程度が平均的な値段となってしまいました。とはいえスーパーで買う値段と大差ないと思います。

こちらのうなぎの特徴は炭火焼です。この言葉は焼鳥でもステーキでもうなぎでも惹かれるものがあります。ガスとは違って香ばしい感じがしてくるから不思議です。食べ比べないとわかりませんが、確かにイヤな匂いはしないと思います。ただ私としてはもう少し焼きが強い方が好みです。さらにこの炭火焼の魅力を高めているのは、冷凍にすることなく、裂きたてをその日に焼いてすぐに提供していることだと思います。

おいしい作り方ですよ

この白焼き、一緒に入っている説明書通りにパリッとオーブンなどで焼き直して塩や山葵醤油で食べるのがいいですね。うなぎ本来の川魚が持つワイルドさと、白焼きでしか味わうことができに繊細さが同居していると思います。うなぎの旨さがストレートに味わうことができます。白焼きがおいしいお店にハズレはないですから、最初に白焼きを試してみるのがいいかもしれません。こちらのお店のものは皮の焼き具合、身の柔らかさなどバランスが取れていて好みに合っていました。

白焼きのあとは蒲焼です。蒲焼といったらなんといってもうな丼に限ります。関東風に良く蒸してから市販のタレを何度か付け焼きしてアツアツご飯の上に乗っけてから食べます。こちらには山椒がベストマッチです。蒲焼の旨さは身の柔らかさと旨味の調和、さらにタレとの相性ということになるかと思います。

この厚みがいいですね

この点においては秘伝の自家製タレではないことと、焼き方や仕上げが専門店のようにいかないので見劣りしてしまいますが、それを勘案してもなかなかのものだと思います。専門店の3千円クラスのうな丼と比べてはいけないと思いますが、自宅で食べるうな丼としては十分に合格点をもらえると思います。

もうひとつうなぎ屋で忘れていけないものに肝焼きがあります。酒の肴としてはぴったりな一品です。肝焼きのキモは、その鮮度にあると思っています。なんといってもレバーですからね。こちらのものはその点でいえば、自分のところでさばいてすぐに焼き上げるのですからおいしさと鮮度は保証書付きといえるかもしれません。

肝焼きですよ

肝焼きは私自身は積極的に食べることはありません。店によってはイヤな苦さがあったり臭みがあったりすることがありますが、こちらのものは上品な苦さとプリッとした食感の良さでおいしくいただくことができました。肝焼きが苦手な私でこうなんですから肝焼きが好きな方なら何本でも食べたくなってしまうかもしれません。なお、限定販売なので売り切れてしまうことがあるので注意が必要です。

その他には、真空パックに入った味付けされた蒲焼や茹でた肝なども販売されています。さらに最近ではオリジナルのうなぎのタレなども販売しているようです。私もこの記事を書くにあたりネットをみたら立派なサイトができていてびっくりしてしまいました。

なにげない建物がいいですね

と、こちらのお店、吉田町にある数あるうなぎの持ち帰り店のひとつなんですが、自宅で気軽に白焼きやうな丼を食べるなら足を運んでみてもいいかもしれません。吉田インターから吉田港へ向かう街道沿いにあるため観光客や一見さんよりも地元の人やお得意さんに愛されているのも私が好きな理由のひとつです。それからお店では話好きなおじさんがあれこれとううなぎについて教えてくれますよ。


うなぎの村田商店

榛原郡吉田町住吉5463(吉田港、住吉小学校近く)
0548-32-1574 8:00~17:30 火曜日休み

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。