2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そばの実 一閑人@富士宮市

kage

2011/09/04 (Sun)

新進気鋭の蕎麦職人の成長を見届けよう! 一閑人

蕎麦屋でも寿司屋でもベテランや熟練職人が尊敬される傾向があります。この道何十年という完成された味わいも良いものですが、勢いのある若手職人の成長ぶりを何年にもわたって見守るというのもまた楽しいものです。今回紹介させてもらう富士宮市のそばの実 一閑人はまさしくそんなお店です。

おすすめの粗挽きそばです

こちらのお店は富士宮といっても朝霧高原、しかも旧道沿いの林の中にあります。本来は峠の茶屋という民宿なんですが、その一部を改装して本格派の手打ちそば屋として営業しています。店構えも店内も蕎麦屋らしい落ち着いた雰囲気にあふれています。しかもよくある民芸調でも古民家風でもない、明るくシックな佇まいなのは店主夫妻が若いということもあるかと思います。

蕎麦の好みは十人十色ですが、私の好みは繊細でいながら、蕎麦本来の風味や香りが愉しめる粗挽き系のものなんですが、こちらにはしっかりとメニューに載っているばかりか店の売りにもなっているのです。多くのお客さんがこれ目当てにくるので開店早々に訪れないと売り切れてしまいます。この日もギリギリセーフでした。

落ち着いた内装です

初めての訪問は、10割の生粉打ちと粗挽きをお願いしました。追加は粗挽きをお願いしました。こちらのお店は麺が伸びるのを嫌うため大盛りはありませんが、お代わりは400円というお手頃な値段で楽しむことができます。蕎麦好きにはこちらの方が助かると思います。

さて、粗挽き(一番上の写真)から頂くことにしましょう。店名にあるようなそばの実(玄そば)を鬼皮をついたまま粗いメッシュで挽いたもので、見事に星(粒々)が入ったワイルドさと、反比例する淡麗できれいに均一化された細さと長さ、エッジが立った切り口を見ただけでおいしそうだなと思わせるものがあります。

麺の中の星が素敵です

果たして、最初は塩をつけて食べてみるとストライクど真ん中の好みのものでした。キンッと冷やしてからよく水切されたものはパスタで言うアルデンテのコシがあります。普通なら硬いと思うほどの噛み応えがあります。その後は蕎麦の香りで風味がやってきて、粗挽き蕎麦を食べているんだなぁという幸福感に包まれます。蕎麦本来のワイルドさと職人技から生み出される繊細さの難しい両立の一瞬の愉しみが、お客さんを虜にする秘密なんでしょう。

10割そばも捨てがたいですね

もうひとつの生粉打ちはどうでしょうか。こちらは10割とはいうものの、打ち方、蕎麦粉の違いから粗挽きほどの荒々しさはありません。食べやすい反面、粗挽きを食べてしまうとつまらないと感じてしまいます。が、つけ汁との相性に関してはこちらの方がまとまりが良いかもしれません。噛みしめるより江戸蕎麦の本来の姿でもあるたツルッとたぐる方が良いと思いました。

そのつけ汁ですが、鰹節がしっかりキリリと効いた江戸風の定番の仕上がりです。返しもまろやかであり、蕎麦との相性も抜群です。静岡県の蕎麦屋、特に郊外のお店は甘かったり薄かったりすることがありますが、こちらのお店のものは大いに気に入りました。薬味もちゃんとしているのもポイント高いですね。

そば湯はこの濃さですよ

さらにうれしいことに〆のそば湯がトロットロッです。この濃さは県内でも有数、もしかしたら一番かもしれません。なんせ普通の茹で汁に蕎麦粉を混ぜて濃度を出しているんですから、蕎麦湯を入れるとおも湯状態になります。これも好みが分かれるところですが、濃い蕎麦湯が好きな私はここでもおおいに気に入りました。なお、このトロリとした蕎麦湯で割った焼酎はたまらないものがあるのだとか・・・。

そばにはデザートが付きますよ

と、普通の蕎麦屋ならこれで終わりなんですが、こちらのお店ではうれしいことに蕎麦だけの注文でも軽いデザートが出てきます。これはうれしいですね。この日は黒蜜をかけたふんわりとした牛乳豆腐で、〆としては十分すぎるものでした。クールダウンというか、おいしい蕎麦を堪能したあとの余韻を愉しむ仕掛けとしは良いですね。

と。一回目でおおいに気に入りましたので、しばらく経ってから夜に訪問することにしました。土日祝日の昼間は天ぷらがないので、それを楽しもうという寸法です。この日は念を入れて当日の昼に予約したのですが、店に一番乗りしてみると看板には予約で満員となっておりました。ここまできて門前払いでは洒落にはならなかったのでホッと胸をなでおろした次第です。

営業時間や内容です

夜の時間は、照明もあってか、より落ち着いた雰囲気になっています。場所柄蕎麦前の料理でお酒を一杯というのには厳しいですが、日本酒、焼酎、ワインがしっかりと揃っているのでお酒好きなら下戸の人と一緒にいくか、タクシーで駆けつけるか、隣の民宿に泊まって撃沈するのがいいかと思います。それくらい魅力的な酒の肴というかちゃんとした料理が揃っています。

魅惑的なメニューを前におおいに迷いました。美人で気がきく若女将さんのアドバイスもあって、牛すじ肉のそば湯焚きと念願だった天ぷらの盛り合わせを蕎麦の前にお願いしました。蕎麦はもちろん粗挽きです。こちらの方は残り5枚でしたので一番乗りで正解でした。

牛筋のそば湯煮込みです

最初にやってきたのは牛すじ肉の蕎麦湯焚きです。この料理はご主人の修行先の渋谷の晴山の看板料理を踏襲したもので、コラーゲンたっぷりの牛スジ肉を3日間かけて蕎麦湯で煮込んだものです。見た目もインパクトがありますが、食べてみても初めての経験となりました。

最初は薬味をつけずにそのまま食べてみます。牛スジ肉のとろけるような柔らかさとやさしい蕎麦湯の相性が良いのですが、やはり物足りません。そこで薬味の擦りたての香り豊かな山葵とダシ醤油、ピリ辛い肉味噌をちょっとづつ入れて食べることにします。

牛筋肉がトロトロですよ

すると化けました。見事な料理に昇華しました。丁寧に下処理したスジ肉を蕎麦湯で焚くという蕎麦屋でしかできないような料理は一見キワモノと思ったのですが、このやり方で食べてみるとしっかりと計算尽くされた完成形があるように思いました。スジ肉の煮込み数々あれど、これはトロッとした煮込み系の肉料理好きな人はもちろんのことそれ以外の人にも一度食べてもらいたい料理だと思いました。リピート確定です。

蕎麦屋の料理の花形である天ぷらはどうでしょうか。こちらの店では、野菜天ぷら、海老天ぷら、それを合わせた盛り合わせ、蕎麦屋らしい天抜きがあります。この天抜きは、海老のかき揚げをテーブルの上で汁を掛けて愉しむ仕掛けとなっているようで、酒好きにはたまらないかもしれません。

天ぷら盛り合わせです

さて天ぷらの盛り合わせですが、800円という値段を考えると頑張っていますし、揚げ方もネタも十分かと思いますが、蕎麦の出来栄えを考えるともう一歩と感じてしまいました。とはいってもちゃんと蕎麦と一緒に持ってきてくれて天ざる蕎麦として楽しむことができましたし、カレー塩もついてきたりと提供に仕方に関しては言うことありませんでした。

この日の粗挽き蕎麦も前回と同じようにおいしくいただくことができましたが、信州で衝撃的においしい蕎麦に出会ってしまったので一回目の訪問ほどの感激はありませんでしたが、レベルの高さと丁寧な打ち方は健在でした。このレベルの高さということは大師匠である柏竹やぶの伝統な技と心が生きているのだと思います。

この店だけのオリジナルですよ

もうひとつは温かい蕎麦を食べてみようということで、悩みに悩んで油かけ蕎麦をお願いしました。こちらのお店の温かいものは、かけに香りネギ蕎麦、たぬき、花巻などがありますが、オリジナリティさでは油かけそばに勝るものはないでしょう。店主曰く、これを出している蕎麦屋って他にはないかもしれないと言っていましたから。

この油かけ蕎麦ですが、ラーメンでお馴染みの豚の背脂をしっかりと油抜きして旨さだけを生かしたものです。見た目は丼いっぱいに広がった小豆大の背脂でくどさを予想するのですが、飲んでみると良質な豚を使っているのと丁寧な仕上げによって程よい脂の旨さと甘みを感じるとともに柚子と三つ葉のさわやかさがプラスしてかけ蕎麦の新しい一面を知ることができました。このような料理を食べてみると店主の良い意味での若さを感じることができました。

玄関前の竹やぶが素敵です

と、2回訪問したわけですが、好きな粗挽き蕎麦の完成度の高さ、料理のバラエティさとそれぞれの料理のクオリティの高さ、若いご夫婦2人のはつらつとしたサービスの良さ、店内のセンスの良さ・・・などなど不便な場所をハンディとしない魅力があると思いました。こだわりの手打ち蕎麦屋は昼だけの営業が多いだけにディナータイムもしっかりと営業しているのもいいですね。

それから、私としては蕎麦とともに各種の料理を一緒に楽しむのがこの店ではいいのかなと思っております。雄大な富士山と豊かな森、清冽な芝川の流れといった大自然の真ん中でのんびりと料理と蕎麦を愉しむのは都会の人でなくても素敵な休日になることと思います。

民宿の1階にあります

料理に関しては1週間前に予約するコース料理も気になりますし、メニューに載っている海老の味噌焼き、豚タンの桑焼、豚の丸煮など気になるものが目白押しです。蕎麦屋の料理というと簡単なものが多いですが、こちらでは手間暇かけたおいしそうな料理が多いので次はあれを食べようと思うんですよね。なお蕎麦屋の定番、鴨南蛮などの鴨肉に関しては気に入った鴨がまだ見つけていれないのでメニューにないということでした。

この看板が目印です

この静岡道楽手帖では粗挽き蕎麦の名店として富士市の蕎麦切りこばやし、藤枝市のながいけを紹介してきましたが、こちらのお店もそれに負けない粗挽き蕎麦を提供してくれるお店だと思います。さらにプラスアルファとして料理の魅力が加わるのですから、蕎麦好きには一度足を運んでもらいたいですね。ネットで検索すると蕎麦フリークの方々のブログや料理雑誌の蕎麦特集にはほとんど紹介されていないようですが、私の予想では徐々に多くの蕎麦好きの知る店になっていくと思います。出来てまだ2年と経っていない若いお店ですが、これからどう化けていくのか将来がおおいに楽しみでもあります。


そばの実 一閑人

富士宮市内野1551-42(田貫湖、西冨士カントリークラブ、まかいの牧場近く)
0544-54-0507 11:30~14:00 17:00(17:30)~21:30(詳しくはHPにて)
定休日 月曜の夜、火曜日

この記事へのコメント

kage

私もお気に入り!

SUZY様、初めまして、そばの横好きと申します。

一閑人で調べて此方に辿り着きました。

私も昨年末に此方の蕎麦を食しましたが、昨年1年間で食べた蕎麦の中ではトップ3に入る位に気にいりました。

こちらの御主人にお話を伺ったところ、東京で日本料理の修行をした後、渋谷にある竹やぶ系の清山で2年間蕎麦打ちを習い、実家であるこの場所で蕎麦屋を開業したそうです。
なので、蕎麦以外の料理も美味しいのだと納得したものです。

私も年末ぐらいには再訪したいと考慮中です。

Posted at 18:21:22 2011/09/04 by そばの横好き

この記事へのコメント

kage

そばの横好きさん、はじめまして。これからもよろしくお願いします。

静岡県は島田の藪蕎麦宮本を筆頭に蕎麦屋のレベルは高いと思っているのですが、こちらの店もその中に入っていると思います。

そばと一緒に料理を愉しみたい方には一度行ってもらいたい名店ですね。特に女性には喜ばれると思います。

私もそばの横好きさんのサイトで勉強して浜松や愛知方面の蕎麦屋やおいしいお店巡りをしていきたいと思います。

Posted at 05:34:54 2011/09/05 by SUZY(メンカタ)

この記事へのコメント

kage

テレビで見ました

昨年だったか今年だったか
旅番組で見てから行って見たいと思っていたお店です。
もうじき新蕎麦の季節^^
紅葉を楽しみながら良さそうですね♪

Posted at 23:53:04 2011/09/14 by すずりん

この記事へのコメント

kage

すずりんさん、こんにちは。

こちらのお店、出来てそれほど経っていないのでまだまだ知名度はありませんが、これから必ず来るお店だと思います。

周辺には見どころや癒される場所がたくさんありますから、ぜひとも一度行ってみてくださいね。

Posted at 21:52:44 2011/09/15 by SUZY

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。