2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東富士山荘@駿東郡小山町

kage

2011/09/18 (Sun)

富士山の天然きのこを食べ尽くそう! 東富士山荘

秋の味覚は数々あれど、その中でも天然のきのこを外すことはできません。このブログでも毎年のようにきのこを楽しめるお店を紹介してきましたが、今回は地元静岡県のお店です。とはいっても簡単に行けるお店ではありません。なんせお店があるのは富士山の5合目ですから!

きのこの王様です

こちらのお店、東富士山荘は、4本ある富士山登山口のうちの須走登山口の終点、5合目にあります。行き方は、御殿場から山中湖へ向かう138号線と東富士有料道路の分岐から冨士あざみラインを黙々と登った所になります。標高は2000メートルですから、行きも帰りもけっこうハードです。ただ道幅がしっかりとあるので問題ありません。が、10月になると下界では雨でも雲上は雪やみぞれになることがあるので注意が必要です。

静岡県人にとって富士山5合目といったら富士山スカイラインから続く富士宮口がポピュラーですが、須走口はその陰に隠れて目立たない存在です。しかし、これが幸いしてかこじんまりとしていて雰囲気が良いのです。樹林帯もありますし、観光地化されていなくて玄人好みの仕立てになっていると思います。ここから徒歩20分ほどで小富士というビューポイントへ行けるハイキングコースもありますよ。

富士山の5合目にありますよ

さて、東富士山荘ですが見た目はごく普通の富士山の山小屋です。入口付近はお土産が並び、その奥に食堂があるという配置です。ただそのメニューが只者ではないのです。なんせご主人さんがきのこの本まで書いている富士山のきのこ博士なんですから。御存じのようにきのこは毒と食用の見分けが難しいですから、プロがいるというのは大事なポイントになります。

こちらのお店には山小屋では当たり前のカレーとかうどん、ラーメンなどもありますが、お客さんのお目当てはきのこ料理です。しかも毎年楽しみにしている常連さんが多いようです。確かにきのこ好きなら毎年ここまで足を延ばしたくなる魅力があると思います。

きのこ料理だらけですよ

その魅力あるメニューはガッツリいきたいか、きのこ中心にいきたいかで変わってくるので、本当なら4人ほどできてあれこれ頼むのが一番だと思います。今回は、きのこ鍋セットに松茸メニューから松茸うどんをお願いしました。なお松茸は採れる量が限られるので当日の朝に電話して取り置きしてもらうことをお勧めします。

下界で食べる松茸料理といったら土瓶蒸しに焼き松茸、ごはん、すき焼きといったところですが、こちらではパスタにうどんといった豪快なものになります。そう、贅沢に松茸を使うからこそできるメニューなんですね。今回はうどんをお願いしました。値段は1500円です。

まるごと1本松茸が入っています

うどん屋や蕎麦屋にも松茸うどんやそばといったメニューが限定で登場しますが、こちらのものほど大量の地の松茸が入っているお店もそうそうないでしょう。なんせ大き目な丼いっぱいに松茸が散らばっているのですから。もちろん、これだけ入っていると顔を近づけただけで松茸独特のうっとりする芳香が広がっていきます。この匂いだけで白いご飯が食べらそうです。

匂いだけでなく、味も抜群です。キコキコシコシコとした歯ごたえのあとに口いっぱいに広がる松茸の香り。まさに香り松茸の本領発揮です。まさに秋を満喫しているひと時といっていいと思います。ただ、うどんの汁の出汁や味付けがイマイチに感じました。私はもっとシンプルに塩と薄口醤油だけの方が、より松茸の魅力が増すように思いました。が、いつもならアッという間に終わってしまう松茸スライスが飽きるほど食べることができるのですから贅沢を言ってはいけませんね。

きのこ鍋です

もうひとつのきのこ鍋は雑きのこを何種類もいれたものです。きのこ好きの人のブログなどを読んでいると必ずといっていいほど出てくるのが多種多様のきのこをいれた鍋とかホイル焼きのおいしさです。松茸や舞茸などの名の知れたきのこではなく、一般的に出回らないような通のきのこを何種類もいれて、ただ煮るだけ、蒸し焼きにするだけで複雑で重層的なおいしさに変化するのですから不思議なものです。

こちらのお店のきのこ鍋は1200円で旅館などでお馴染みの小鍋にあふれんばかり一杯に出てきます。固形燃料でグツグツと煮込まれたものは、ポン酢も要らないおいしさです。出汁や香りを楽しむ以上に、ぬめりのでたきのこやツルリンとしたきのこ、シャクシャクしたものなど名前は知らないけど滋味あふれるきのこをそれぞれ楽しむことが一番だと思いました。

きのこご飯です

このきのこ鍋にはきのこご飯がついてきます。これまた薄い醤油味で炊かれているだけですが、香りと食感がいけるのです。そのまま食べてもいいのですが、私は贅沢にも松茸のスライスを載せたのにきのこ鍋の汁を入れてきのこ雑炊にして食べました。これはこれで最高の〆の一品になりました。なおうれしいことにきのこご飯は一杯に限りお代わりが可能です。

きのこ茶ですよぉ

さらに食後には珈琲もサービスされますし、食前にはきくらげの先付ときのこ茶が付いてきます。店員さんも全員がハキハキとしたサービス振りで好感が持てます。特にご主人さんはきのこに関しては絶対の自信を持っているので、あちこちのテーブルを回ってはその日のきのこについて語っておりました。それによるときのこの旬、最盛期は9月一杯で10月末までは色々なきのこを楽しむことができるそうです。

と、こちらのお店は、きのこ好きなら時期や天候をみて一度は行くことをお勧めします。きのこパスタやきのこピザなどの洋風メニューもあるうえにボリューム満点で、ひとり一品頼めばお腹一杯になります。色々と愉しみたいときにはボリュームを減らしたMサイズや大盛りも可能です。

山小屋の雰囲気満点です

また、こちらのお店は山小屋といっても道路に直結していますからギューギューに押し込まれるということや相席になることもありません。ただおしぼりが出ないことやトイレが公共の有料なものになるなど下界とは違うこともあるので注意が必要です。あと防寒対策は忘れないようにしてくださいね。

それにしても、きのこというのは奥が深い食材だと思います。時期や場所が限られているうえに素人には手がでにくいやっかいなものだからこそ、一年に一度や二度は食べたくなる魔力があると思っています。そんな魅力の一端をこちらのお店で実感するのも悪くはないと思います。なお、こちらの山荘は朝早くから営業していますので、きのこの在庫や状況について行く前に電話確認するのが良いかと思います。

2軒目の山小屋ですよぉ

そうそう、東富士山荘は冬は閉店するのですが、そうすると麓の須走で山小屋という居酒屋になります。こちらも気になりますねェ。


東富士山荘

0550-84-5057
駿東郡小山町富士山須走口登山道新五合目
054-84-5057  7:00~18:00 4月中旬~11月下旬まで営業 その間は無休

この記事へのコメント

kage

須走口

こんにちは。

前の日曜日に、富士山に登ってきました。

須走口を往復したのですが、下山してから
東富士山荘でキノコ鍋を食べようと思っていたのに、
閉店後でがっかりしました。
でも、隣の菊屋はまだ開いていたので晩飯に。
隣もきのこ選別をやっている山小屋なので、ちょっと
期待してキノコうどんを注文したら、期待通りにに、
知っているもの知らないもの取り混ぜて野生キノコが
ごちゃごちゃ入っていたので嬉しかったです。

でも、東富士山荘には、今シーズン中に再訪を果たして
おきたいですね。『道の駅すばしり』にも行ってみたい
ですし。甲府方面にもキノコ行脚に行きたいです。

Posted at 17:12:33 2011/09/23 by

この記事へのコメント

kage

政さん、こんにちは。

富士山登頂ご苦労様でした。この時期の富士山は真夏ほど混雑していないので具合がいいでしょうね。

東富士山荘、残念でした。でもお隣さんで雑きのこを食べることができてなによりでした。

きのこの料理ですが、私もあちこち探しているんですが、なかなか良い手頃なお店ってないんですよね。10月いっぱいが勝負なのでまた探してみます。

Posted at 21:57:48 2011/09/23 by SUZY

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。