2005 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2005 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みやひろ支店、龍光屋@浜松市中区

kage

2011/10/30 (Sun)

浜松中区老舗中華そば対決! みやひろ支店、龍光屋

日本を代表する庶民派料理といえば、今やラーメンといって過言ではないと思います。ラーメン屋はまさに百花繚乱、昔ながらの中華そばからガテン系のお店、無化調の洗練された店まで自分好みの店を選ぶのも一苦労の時代になりました。今回は、そんなラーメンの広大な宇宙の中から浜松市内、それも中区で昔から地元民に愛されている老舗の中華そばを出すお店を2軒紹介したいと思います。

このチャーシューの量を見よ

みやひろ支店

最初の一軒はみやひろ支店です。支店というからには本店もあるんですが、私は断然支店の方が好みです。こちらのお店は昭和31年創業といいますからゆうに50年以上経っています。創業以来麺一筋です。近所の静大の学生さんから近所の人まで親しまれているもはむろんのこと親子三代で通うファンも多いそうです。

最近のラーメン屋は色々な味や限定などバラエティ豊かになっていますが、こちらのお店は醤油味一本で勝負しています。というか昔のラーメンといったら醤油味ばかりでしたからその伝統を守っているんでしょうね。メニューとしては、ノーマルにチャーシュー麺、ワンタン麺、五目中華、焼きそばです。焼きそばがメニューにあるのと、浜松なのに餃子がないのが目をひきます。

メニューも渋いですねぇ

今日は、ネットで評判が良かったチャーシュー麺とワンタン好きなのでワンタン麺をお願いしました。注文をして5分と待たずに到着しました。ネットで画像を見ていたので知っていましたが、実物のチャーシュー麺を見ると、その豪勢さ、チャーシューが丼一面を覆っている姿を見るとうれしくなってしまいますね。これが700円というのですからお値打ちというか、「安すぎだよねぇ」「儲けはあるのかなぁ」と思ってしまいます。

さて、味はどうでしょうか。最初はスープからいきます。見た目はちょっと濁りが入った醤油色で塩っぱそうに見えるのですが、飲んでみるとそれほどでもなく、醤油の角が取れたまろみと香ばしさ、チャーシューから染み出した旨さ、出汁である豚と鶏のガラの旨さが程よく混じっています。遠州系と呼ばれているそうですが、なるほど静岡市周辺では余り飲めるスープではありません。今時の重層的、淡麗系とは違う懐かしいなかにも、歴史に裏付けされたおいしさがあると思います。

たっぷりと載ったチャーシューは豚モモでしょうか、こちらも今時の豚バラのような脂身の旨さはありませんが、値段以上の質の豚肉を丁寧に仕込まれたのがわかるおいしさにあふれていると思います。このチャーシューは厚みはそれほどでもありませんが、それだからこそ、スープに旨さが解けだすとともに麺と一緒に食べることによって、よりおいしさが増すのではないかと思いますね。浜松市のラーメン屋はチャーシューがおいしいお店が多いですが、こちらもそんなお店の一軒だと思います。

ワンタン麺ですよ

もうひとつのワンタンはどうでしょうか。こちらは皮が厚めなのが好みとはちょっと違っていました。私はもう少し薄くてツルンとした方が好きなのですが、ワンタン麺でも600円という値段ですから文句を言ってはいけませんね。なおノーマルのラーメンとワンタン麺が同じ値段なのは、麺の量が少な目になっているからです。どちらも食べたいという人にはうれしい選択かもしれませんね。

昔ながらの細ちじれ麺ですよ

そうそう、麺はというと、中太と細麺の中間といった感じで弱めのちじれが入っています。最近のラーメン屋は麺がおいしいお店が多いですから、それらの店と比べると時代を感じますが、懐かしめのスープにはこれくらいの方が合っているのかもしれませんね。

それから懐かしいといったらラーメンと同様にお店も昭和の香りにあふれています。4人掛けのテーブルが4つほどで、厨房と客席の間には小さな小窓があり、そこからラーメンが出てきます。最近はお洒落なラーメン屋が増えてきましたが、たまにはこちらのようなノスタルジーあふれるお店ってのもいいものですね。

みやひろ支店ですよ

と、みやひろ支店は昔ながらの醤油ラーメンが好きな人、それも中華料理屋のものでなくラーメン専門店のものを!と思っている人には一度訪ねてもらいたいと思います。うれしいことに通しで営業していますからおやつにラーメンなんてのもいいかもしれませんよ。

龍光屋

今度は蕎麦屋のラーメン、いや中華そばの紹介です。しかもつけ麺が一番人気のお店です。静岡市周辺でもラーメンが人気という蕎麦屋がけっこうありますが、つけ麺が一番人気というお店は聞いたことがありません。店構えも暖簾も街場の庶民派日本蕎麦屋然としています。初めてのお客さんはこのお店でとびきりの中華そばやつけ麺が食べられるとは思わないでしょう。

龍光屋といったらこれですね

こちらのお店も4人掛けのテーブルが4つと小上がりがひとつとこじんまりとしています。家族経営のお店ですからこれくらいのキャパシティが限度でしょうね。おまけに出前もやっています。店内の雰囲気も店構えと一緒で昭和の懐かしい蕎麦屋の感じがします。しかも掃除が行き届いていているうえにサービス担当のおばちゃんの接客が丁寧で気持ちよく食事ができます。

この日は開店と同時に入りましたが、すぐに満員御礼、食べ終わる頃には待ちが出るほどでした。住宅街の目立たない場所にあるお店なのに凄い人気です。お客さんも老若男女、若いカップルから家族連れまで幅広いのも特徴です。この辺もラーメン専門店との違いかもしれませんね。

お手頃な値段がうれしいですね

注文はつけ麺と中華そばをお願いしました。「つけ麺は普通でよろしいでしょうか?」と聞かれたのですが、それだけ大盛りを頼む人が多い証拠でしょう。最近のラーメン屋のつけ麺は麺のボリュームが自慢になっていますが、それに比べると麺が少なく感じるからかもしれません。それとつけだれがおいしいので普通では足りなくなって大盛りが欲しくなってしまうということもあるのかもしれません。事実、私も大盛りにしておけば良かったと後悔しました。

さて、お待ちかねのものが到着しました。最初はつけ麺からいただきましょう。見た目の特徴は、麺がつけ麺にしては細く黄色いことでしょうか。ラーメンのつけ麺といったらうどんのような太い~極太麺がスタンダードになりましたが、それに慣れていると心配になるくらい細めの仕上がりです。デフォルトだと柔らかめということでメンカタでお願いしましたが、これでちょうど良かったですね。モチモチツルツルしていてのど越しがよく、小麦の香りと卵のほのかな味わいがするおいしいものでした。

つけ麺だけど細麺なんです

それよりもやはりつけだれのおいしさ、不意打ちされる以外さにびっくりしました。蕎麦屋のラーメンですから鰹出汁が効いた節系のあっさりしたものを想像していたのですが、そんなことはなく、動物系の出汁が効いたしっかり目の味わいがなかなかのものだと思いました。こってりハードなものが好きな人には物足りないのでしょうが、オヤジで懐かしい味わいが好きな私には癖になりそうな味わいです。

このつけ汁に彩りを与えているのが、中に入っているチャーシューやメンマの存在です。拍子切りされたチャーシューやメンマも本格的なラーメン屋のそれで、アクセント以上のものだと思いました。チャーシューの旨さはさすが浜松でしょうが、裏メニューのチャーシュー付きのつけ麺を頼む人が多いのも納得できました。

昔ながらのラーメンですよ

次は中華そばです。見た目はこれまた懐かしい感じの仕上がりです。なによりうれしいのはアツアツでたっぷりとあるスープですね。麺がスープの海に泳いでいるのが良いんですね。最近のラーメン屋は味を優先するとかでちょっとぬるめで量が少ないことがありますから。無化調ではないですし、特別な素材でダシをとっているのではないでしょうが、これってけっこう私は重視しています。

このスープもつけ麺のものと同じように蕎麦屋のラーメンとは違ってラーメン屋のものと似ていると思いました。鰹節も入っているのでしょうが、それ以上に鶏や豚などの動物系の香りが勝っていると思います。ただ、つけ麺のスープの方がおいしく感じたのはなぜなのかちょっと不思議です。これはこれで良いのでしょうが、つけ麺を食べた後だと普通に感じてしまいます。

蕎麦屋ですがラーメンが売れ筋です

と、こちらのお店は蕎麦屋としても使えるうえに、ラーメン類が専門店以上の存在なんですから人気があるのもわかるような気がします。昔ながらのお店、使い勝手の良いお店、近所にあればうれしいお店だと思います。つけ麺を出すお店、つけ麺専門店も数々ありますが、つけ麺好きなら一度は行ってほしいお店ですね。

以上、みやひろ支店、龍光屋の2軒とも昭和の頃から流行に左右されない筋の通ったものを常連さんに提供してきたと思います。昔からの変わらない味、懐かしい味わい、ホッとできる一杯・・・とお客さんが通う動機はそれぞれでしょうが、百花繚乱のラーメン業界、流行が変化しつつづけるラーメン戦国時代だからこそ基本、昔を感じるために出かけたいお店だと思います。


みやひろ支店

浜松市中区布橋2-14-14(静岡大学、浜松北高近く)
053-471-2693 11:00~19:30 木曜日休み

龍光屋

浜松市中区北寺島町211-7(浜松科学館近く)
053-452-0622 11:00~15:00 17:00~20:00 木曜日休み
 

この記事へのコメント

kage

いいですね。

こんばんは。
どちらのお店も浜松を代表する良いお店ですね。
龍光屋は昔のグルメ本で「ラーメンが美味しい蕎麦屋」として紹介されたこともあります。
どちらも人気あるし末永く続いて欲しいお店ですね。

Posted at 23:08:53 2011/11/09 by actionscene

この記事へのコメント

kage

アクションさん、こんにちは。

最近、流行の新店よりも昭和の時代から続いている懐かしい感じのお店の方がしっくりくるようになりました。この2店はまさにそんな感じなんですが、若い人にも食べてもらいたいですね。

Posted at 21:44:26 2011/11/10 by メンカタ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。