2005 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2005 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神谷製餡所@藤枝市

kage

2011/12/25 (Sun)

あんことあんこのおやつなら任せなさい! 神谷製餡所

あといくつ寝るとお正月となります。お正月に欠かせないおせちには、黒豆やきんとんがつきものです。そしてお正月の後は鏡餅を使って鏡開きをします。これになくてはならないのは豆であり、あんこです。静岡県には数多くの製餡所があり、多くのお店が小売もしてくれます。このような商習慣があるのは他県では珍しいそうです。

羽根付きの鯛焼きです

そんな製餡所の中で間口が広く誰でも行きやすいお店が藤枝市の神谷製餡所です。大きなあんこ屋なんですが、工場の入り口付近で鯛焼きをはじめ、いろいろなあんこを使った和菓子から豆製品、和菓子材料を販売しているのです。今では当たり前になった工場直売所ってわけですね。

こちらのお店の一番人気はあんこのおやつの大定番の鯛焼きです。入ったところには5連の鯛焼き機が何台も備えてあり、次から次へと焼かれていきます。中身はノーマルの粒あんと藤枝らしくお茶の餡になります。値段は今時うれしいワンコイン100円です。

あんこたっぷりです

この鯛焼き、ワンコインとは思えないボリュームがあります。しかもうれしいことにバリ(羽根付き)です。私はノーマルのつぶ餡を食べてみたのですが、もっちりふわっとした厚めの皮にツヤツヤとしたつぶ餡がたっぷりと入っています。

皮に関しては、私は薄くてパリッと濃いめの焼き色がついたものが好みなので、それとはちょっと違っていましたが、中のあんこに関しては、さすがあんこ屋の粒あんだなぁと唸ってしまいました。ツヤツヤと上手に炊かれているのはもちろんのこと、甘さが控えめで後味がさっぱりとしているのです。これなら何個でも食べる人がいるのもわかります。

栗ようかんです

この鯛焼きと一緒に買ったのが栗ようかんです。食べきりサイズになっていて、ひとつ180円とこれまたうれしい値段です。家に帰ってからデザートとして食べたのですが、羊羹屋のこってりとも蒸し羊羹のさっぱりとしたものとは違う程よい感じがなかなかのものでした。

栗も値段が値段ですからゴロンというわけにはいきませんが、必要にして十分な栗の存在感があると思います。なにより秋から冬だけでなく一年中変えることができるのがいいですね。なお夏になると水羊羹も販売しているようです。

連続した焼き台ですよ

こちらのお菓子が下手な和菓子屋顔負けのクオリティなのは、奥さんが工場の隣で「あんだんて」という和菓子工房をやっているからだと思います。あんこの良さ、和菓子の奥深さを広く知ってもらうと和菓子の料理教室を開いているもので、季節の和菓子や初心者でも作りやすいものを教えているそうです。

一回目の訪問で気に入ったので、1ヶ月ぶりになりますが2回目の訪問となりました。今回は前回とは別のものを買ってみましょう。相変わらず鯛焼きを焼いている社長さんがあれこれを話相手になってくれました。このきさくさとあんこに対する愛情が多くのファンを生み出しているんでしょうね。

いわゆる濡れ甘納豆です

今日の目当ては北海道は十勝の大納言かのこをぬれ甘納豆にしたものです。一袋300円です。この値段も東京の有名和菓子屋のものと比べると安いですね。肝心のお味は、これまたあっさりとした中に小豆の旨さが凝縮されていると思いました。ほっこりするという表現が似合うのようなちょっとしたおやつ、口休めにはぴったりな感じです。

もうひとつはお勧めの自分で作る最中です。皮と中のあんこが別々になっているもので、最近の和菓子屋ではけっこうポピュラーになってきているものですね。こちらの店のものは皮が5個分とたっぷりな粒あんが入って400円です。ひとつ当たり80円です

あんこの量を調整できますよ

最中という和菓子は大体において皮がぴっちりと入るくらいの量になりますが、自分で作るんですから好みの量、たっぷりと盛ることができます。なにより最中の弱点である皮がしなっとなることを防ぐことができます。が、残念なことに最中の皮がパリッとしながら口どけの良い上質なものとは思えなかったんです。たぶん市販のものだと思うのですが、これに関しては最中が売りの和菓子屋にはかなわないんでしょうね。

しかし、中にいれるあんこはさすがです。この店の特徴であるあっさりとしつつ甘味がちゃんとしているもので、そのまま食べても色々なものに入れたり、挟んでもOKです。最中セットではなく、あんこだけでも販売しているので、次回はあんこだけを買ってみたいですね。日持ちも10日くらいあるようなので、用途は工夫しだいですね。

自分で作る最中です

私はバタートーストにあんこを塗って、名古屋名物の小倉トーストにしたり、スーパーで買ってきたシュークリームに入れたりして食べてみましたよ。そうそう、このようにして食べると、具合良く粒が残っている感じがするんですね。粒あんと漉しあんの良いところどりって感じでしょうか。この練り餡が製餡所の命ですからおいしいに決まっているのですが、塩梅や炊き具合など程が良いですね。安心できるおいしさって感じです。

和菓子の材料もありますよ

あと、お店では黒豆や小豆、大福豆などの豆類や寒天、白玉粉、くず粉などの和菓子材料を販売していますから、和菓子作りをする人には大いなる手助けになると思います。まぁ、これらは製餡所というあんこの卸販売をしているからもあるのでしょうが、このようなものはスーパーでは販売していませんから貴重ですね。

日本人にとって和菓子はなくてはならないものですが、今では洋菓子やケーキの方が人気がありますし、ネットの情報でも圧倒している状況です。が、こちらのようなお店が地道にあんこのおいしさとやさしさを広めているのはうれしい限りです。「あん子、豆の子、元気な子」がキャッチフレーズですが、鯛焼きや最中を食べて、あんこの良さを知る子供がひとりでも増えていってほしいものです。

工場の入り口が売り場です

と、こちらのお店は社長の思いである、手頃でおいしくて誰でも食べることができるあんこを提供していることが実現していると思います。デパ地下にあるような高級和菓子屋のようなものと比べることはできませんが、気軽にあんこの良さとあんこを使ったおやつのやさしさを知るにはぴったりだと思います。あんこ好きなら一度は行ってみても損はないかと思いますよぉ。

P.S.年末は31日まで黒豆や豆きんとん、栗きんとんなどを販売しているそうですよ。


神谷製餡所

藤枝市郡1丁目1-3 (藤枝警察署近く)
054-641-1345  8:00~17:30 たい焼11:00~17:30
日曜・祝日休み

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。