2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥焼き 喜平@沼津市

kage

2012/03/18 (Sun)

女性だけで営業している職人肌の正統派焼鳥屋! 喜平

焼鳥でも焼肉でも炭火焼のおいしさは独特のものがあると思っています。特にそれが紀州の備長炭だったらなおさらのことです。継ぎ足された伝統のタレが炭に落ちて、立ち上る香りが肉に閉じ込められてえも言われないおいしさへと昇華していきます。まさに肉を焼く最良のパートナーだと思ってしまいます。

ネギマですよ

そんな備長炭の良さを味わうことができるのが沼津市にある鳥焼き 喜平です。本来の店名は七が三つのキなのですが、喜で表記していきます。場所は沼津の繁華街である仲見世商店街からちょっと入ったところにあります。専用の駐車場もあるのも良いですね。

焼き鳥屋もそうですが、お酒と一緒に愉しむ居酒屋的な業態ではやはりカウンターが主体としたお店が似合うと思っています。こちらのお店はまさにそんなお店で長い一枚板のカウンターが目を引きます。さらにカウンターの隅にはきれいに仕込まれた串が並ぶネタケース、真ん中には焼き台が置かれています。なにはなくても中心が焼き台というのが良いですね。

ネタケースがきれいです

こちらのお店の焼鳥は一本200円前後です。大衆的な焼鳥店とするとちょっと高めですが、これには訳があるのです。普通の焼鳥屋のものより長めの18センチのうなぎ用の串を使っているのでボリュームがあるのです。これくらいのボリュームがあると一本でも満足感があります。

こちらのお店では7本組みのコースもありますが、今日はアラカルトでお願いしました。その理由は専門店ならではの豊富な部位が揃っているからです。まずは大好きな砂肝とお尻の肉であるボンボチを塩で、レバーをタレでお願いしました。塩とタレを好みで選べるのは今や当然ですが、迷ったらご主人が合う方をアドバイスしてくれますよ。

砂肝とボンボチです

さて砂肝からいってみましょう。コリッとした食感、噛みしめるとジワーと湧き上がる旨味の対比がなんといっても砂肝の醍醐味でしょう。塩気と後から振る七味の辛さがたまりません。塩気がちょっと強いのともう少しレアっぽい方が好みですが、素材の良さが十分に伝わってきます。ボンボチ(ボチボチ)はあふれる肉汁と脂身のもつこってりさを炭火で焼くことで適度に落とされるのが旨さ倍増です。

焼鳥の基本ともいえるものにネギマがあります。こちらのお店では鳥ネギ(一番上の写真)のメニューで出ています。親鳥のプリッとした食感と適度な柔らかさと炭火の香り、合間に食べるネギのシャキシャキ感との好対照が最高です。炭火焼の焦げるおいしさ、強い香りは塩よりもタレの方かもしれません。

丁寧に焼いています

この鳥ネギでも感じることができましたが、こちらのお店ほどお店の人が丁寧に焼き台で仕事をするお店は少ないかもしれません。焼き鳥屋には珍しい女性店主が炭の管理、串を何度も観察しても焼きのチェックなどプロの技、職人の矜持みたいなものを見ることができます。カウンターでこれらの作業を見るってのも楽しいものです。

野菜焼きもちゃんとありますよ

肉の間には野菜も食べなくてはいけませんね。こちらのお店にはしいたけや銀杏、えのきなど各種揃っています。今日は玉ねぎを食べてみましょう。これまた炭火で焼かれている効果が辛味が上手に抑えられていておいしく食べることができました。野菜といえば、こちらのお店の付きだしは大根おろしなんですね。肉~大根おろし~肉というローテーションは口の中をさっぱりとさせてくれます。

あとは、鶏皮、ネック、つくねなどを色々と頂きました。最初の頃で塩気が強いのが分かったので塩を弱めでお願いしたらちょうど良い塩梅になりました。この塩の強さというのは客層が高めの方が多いのか沼津という土地柄なのかわかりませんが、女性の方などは最初から塩を弱めでお願いした方がよいかと思います。

鶏皮焼きですよ

最近の焼鳥屋はメインの焼鳥だけでなく居酒屋顔負けのメニューが揃っているのが普通ですが、本格派のこちらのお店では、お茶漬けや焼きおにぎり、スープネギマ丼などのご飯もの、冷奴、厚揚げ、漬物などのおつまみなどそれほど多くはありません。あくまでも串焼きがメインという位置づけなのは潔くて良いと思います。一軒で済ますのではなくはしごをする前提といて使うのがよろしいのかもしれませんね。

洒落た看板です

と、こちらのお店は昭和の頃には当たり前にあった本格的な焼鳥屋、大衆的な赤ちょうちんよりちょっと高めのおいしい焼鳥と全国から選ばれた日本酒と焼酎、ビールを楽しむ大人のお店だと思います。女性店員さんだけというのも店の清潔さ、3種類ある唐辛子の品揃えなどちょっとした心使いなど気持ち良く飲んで食べることができる良さに繫がっていると思います。おいしい焼鳥を食べたい、炭火焼の焼鳥を体験したいという人には一度行ってみてもらいたですね。


鳥焼き 喜平

沼津市八幡町13(市立第一小学校近く)
055-951-4648  17:00~22:30
日曜日休み(祝日は営業)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。