2005 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2005 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリー屋アウル、バックハウスインノ@山梨県北杜市

kage

2012/04/29 (Sun)

清里高原を1.5倍楽しむ! 隠れ家名店へ行ってみよう!

いよいよGWに突入しました。今年は上手に休みを取ると9連休になるとかで、国内外へ遊びに出かける人も多いかと思います。外国は無理にしても国内へ気軽にドライブとか旅行へ行くという人は多いのではないでしょうか。今の季節に出かけて気もちが良く、静岡から気軽に行ける場所に八ヶ岳山麓があると思います。

キーマカレーですよ

今回はそんな八ヶ岳山麓の清里周辺にある素敵なお店2軒を紹介したいと思います。清里や大泉周辺には多くの飲食店や食材を販売するお店があります。観光客相手のお店や都会から引っ越してきてお店を開いた趣味と実益を兼ねたようなお店、地元民相手の昔ながらのお店など本当に様々です。玉石混交とはこのことだと思います。

・カリー屋アウル

そんな中で余り露出度はそれほどでもないのにキラリと光っているお店を2軒紹介したいと思います。最初のお店はカレーのお店OWL・アウルです。国道141号沿いにあります。場所的には道の駅南清里の近くになります。清里といっても高原ではなく森の中って感じのロケーションです。

ログハウスですよ

お店はログハウスで、見た目はインドカレーを出すようには思えないのですが、けっこう本格的なスパイス使いをする、隠れたインドカレーの名店だと思っています。こちらのオーナーは女性の方で、カレー好き、スパイスの魅力に取りつかれてお店をオープンしたということです。

メニューはインドカレー屋のようなチキンカレーやマトンカレー、野菜カレーといったポピュラーなものもありますが、おすすめはキーマカレーやムルギーカレーです。自分の好きなものをとことん追求して完成させ、それを提供するという形です。レギュラーメニューは少なく、季節の素材や特別な食材を使用した限定カレーが何種類かあるという形をとっているので、毎回メニューを見るのが楽しみになっています。

辛さを選ぶことができます

前回はムルギーカレー(写真は喪失)を食べたので、今回はキーマカレーをお願いしました。挽肉と玉ねぎ、トマトなどの野菜をじっくりと炒めてそこへ新鮮なスパイスを混ぜてカレーにしたものですが、カフェなどで出すなんちゃってキーマカレーではなく本格的なキリッとしたものに仕上がっています。辛さについては甘口から大辛まで選ぶことができます。

カレー、特にインドカレーの場合は重要なものはコリアンダーやチリパウダー、クミンなどのスパイスをどのように使うのか?だと思うのですが、こちらのオーナーは毎年シンガポールのリトルインディアまで仕入れに行って安くて良いものを大量に買い付けてくるんだそうです。そして試行錯誤を繰り返して材料や素材に合わせているそうです。

材料のトマトと玉ねぎを販売しています

それからスパイス同様に重視しているのが玉ねぎとかトマト、卵、ご飯、肉などの材料だそうで、玉ねぎは淡路島、その他のものはできるだけ地元の良い生産者のものを使っているそうです。なんせ付近は田園地帯ですから探せば良い素材が山とありますからね。これらの野菜や調合したガラムマサラなども販売しています。

このような恵まれた立地を生かした、スペシャルメニューを限定で作ることも多いようで、中村農場の地鶏をまるごと使ったチキンカレー、あとは秋は天然きのこのカレーや夏場の野菜カレーなど都会の人にはたまらないものもあるようです。また、オーナーは東京での生活、それも広告関係の仕事が長かったのでセンスが良いのもあって、カレーの話や都会と田舎の生活、海外旅行の話などをするのを楽しみに通う常連さんも多いようです。

ふくろうが目印ですよ

と、こちらのお店は見た目は街道沿いのごく普通のログハウスのカフェなんですが、提供されるものは日本人向けにアレンジしてあるとはいえ、本格的なインドカレーというミスマッチが琴線に触れるんですね。それからテラス席ではワンコ連れOKです。というかオーナーも大の犬好きのようで大歓迎のようですよ。

・バックハウス インノ

清里から小淵沢にかけての八ヶ岳南麓地区には実に多くの焼き立てパン屋があります。それぞれのお店には固定客、ファンがいて繁盛しているようです。私もあちこちのお店に行きましたが、一番気に入ったのがこのインノです。

スイスの山小屋風の建物です

中央高速の須玉インターから大泉方面へ登る県道からちょっと入った場所にあるので、知らない人は全く気が付かないお店です。わざわざ行くかお取り寄せで成り立っているお店です。建物はスイスへそのまま持っていても通用するような素敵な山小屋風の家です。ハイジが出てきてもおかしくはありません。

石釡がど真ん中にありますよ

こちらのお店の一番の売りは店内いデンと鎮座している大きな石窯です。全てのパンをこれで焼くというわけではありませんが、石窯で焼かれたパンは電気窯で焼かれたものと味が違うという固定客が多いそうです。

私も過去何度も食べていますが、確かに力強い粉の感じ、生地の引き、香りなどおいしいように思いました。って、石窯に合うパンを焼いているのでそう感じるんだそうです。なんでもオーナーはドイツで食べた石窯焼きのパンに感激して、大きな石窯がおける場所を求めてこちらに来たそうで、石窯ありきのパン屋といってよいと思います。

本格的なぱんですよ

石窯焼きのパンのおいしさをストレートに味わうならなんといってもハード系のものだと思います。バゲットなどのシンプルなものも良いのですが、我が家の贔屓はチーズ、それもゴルゴンゾーラなどのちょっと癖があるものを使ったものです。今はないのですが、通称「杖のパン」と呼ばれた細長いパンは絶品でした。

生地がサクサクですよ

それに代わるものもオリーブとチーズが入ったものが近い感じです。皮はガリッと、中の生地はモチッと伸びて、口の中にふんわりと香りが広がります。ワインのお供としては最適ではないでしょうか。あと石窯ではありませんが、デニッシュ系もなかなかのものだと思います。今回はコキーユを食べてみましたが、ホロホロとしたパイ生地の中からトローリとクリームチーズが出てきてたまりません。

そうそう、こちらのお店の特徴は大きな石窯の割にパン売り場がちょっと狭いんですね。そこに色々な種類のパンが並んでいるのですが、午後の遅い時間にはほとんで売り切れてしまうので、早めの時間がお勧めです。私は開店時間の前に行っちゃうこともあります。工場併設ですから11時前でも入れてくれるんですね。焼き立てアツアツのパンは最高ですよ。

変わったパンが勢ぞろいしていますよ

と、こちらのお店は値段はちょっとお高めですが、パン好きならそれだけの価値があると思ってくれると思います。最近は都会のパン屋のレベルは凄いものがあるのでそれらと比べると酷かもしれませんが、値段ばかりで味はイマイチという別荘地、観光地のパン屋の中では真っ当で頑張っていると思います。お店の人も親切で丁寧な人が多いのも好感が持てます。

以上、今回は私が好きなお店2軒の紹介となりましたが、この辺りは都会から移住して店を開いたこだわりのお店が多くて食べ歩くには良いエリアだと思います。ただ場所がわかりにくい所や人気があって行列ができたり、人気故に味が落ちてきた店など越えないといけないポイントもありますが、静岡から日帰りで行ける気軽さがありますから、ドライブやツーリングで一度行ってみてくださいね。きっと裏切らないと思います。


カリー屋アウル

山梨県北杜市高根町村山東割2309-11(道の駅南清里近く)
0551-47-3685 11:30~15:00 17:00~21:00
定休日 火曜日・水曜日

バックハウス インノ

山梨県北杜市大泉町西井出9177
0551-47-3388 11:00~18:00
定休日 火曜・水曜日

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。