2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二藤商店@神奈川県真鶴町

kage

2012/09/02 (Sun)

港町、真鶴にある使える魚屋! 二藤商店

熱海から湯河原、真鶴、小田原と続く海岸線には数多くの漁港が点在しています。しかもこの地区は観光地、住宅地でもあるので港町それぞれに魚屋があります。観光客相手のお店もありますが、ほとんどが地元民相手の気取らないお店がほとんどです。今回紹介するお店はそんな中でもピカイチのお店だと思います。

特上の鯵ですよ

真鶴町は湯河原の先にある港町で、温泉があるわけではないので静岡県民には余り馴染みがありませんが、首都圏の人にとっては馴染みのある海水浴場であり、磯遊びのポイントとして知られています。さらに真鶴岬周辺の複雑な地形は天然の漁場になっており、磯魚や貝類が豊富にとれるので、魚料理を食べにくるグルメタウンでもあります。

その磯料理屋が集まる街の駅前にあるのが二藤商店です。この小さな街には多くの魚屋がありますが、その中でも規模は一番大きいかもしれません。店の前には駐車場もあるので気軽に買いものに寄ることができるうえに、丸のままの魚だけでなく刺身盛り合わせから魚介類を使った惣菜、天日干しの干物、お寿司まである使える魚屋なのです。

老舗の風格が漂います

最近の魚屋は、昔ながらの魚屋の姿から段々と変化しています。素材を売るということから素材を生かした加工品、惣菜を売るというものに変わってきています。家で料理することなく、買ってきてそのまま食べることができるもの、温めたり焼くだけで食べられるものが豊富にないとお客さんに飽きられてしまうのです。

その点、こちらのお店は惣菜天国と銘打っているように店頭には数多くの惣菜が並んでいます。地の魚を生かしたフライや煮魚、さつま揚げ、干物などなどどれにしようか迷ってしまうほどです。人気商品は甘目に味付けされたさつま揚げなんですが、私はこれよりもフライの方が気に入りました。

カマスのフライです

いつもならアジフライを選ぶのですが、この日は丁度良いサイズのカマスを買ってみました。店のオヤジさんのお勧めもあってのことです。このその場で色々とアドバイスを貰えたり、質問できるのも昔ながらの魚屋の良さですね。パック売りのスーパーではこうはいかないですからね。

その日の夜に食べてみたカマスのフライは果たして、白身のホロッと崩れる柔らかさと地の魚特有のしっかりとした良さの両方を備えたものでした。パン粉も細かなもので素材の良さを殺していません。スーパーの惣菜の衣ばかりとはあきらかに違いました。値段も高くないですし、季節季節で何が出てくるか楽しみでもありますね。

鯵とイカの競演ですよ

あと、漁港前の魚屋の惣菜の定番といったら何といっても干物を忘れてはいけませんね。特に相模湾沿いの港町では鯵にトドメをさすと思います。まぁ最近はノルウェー産などの外国の鯵も脂が乗っておいしいので、これを使っている店も多いのですが、要はどれだけおいしいかということだと思います。

こちらの鯵の干物は特上、上、並などのランクがあり、これは脂のノリの違いです。特上250円、上200円は値段では50円の違いですが、私には値段以上の違いを感じることができました。こちらの特上の鯵の干物はびっくりするほどの脂の旨さ、しかも上品な仕上がりです。素材の良さと漬け汁の旨さ、天日干しによるお日さまパワーの相乗効果だと思いますが、高級旅館の朝食に出てくるような逸品です。首都圏の口の肥えたお客さんがお土産に大量購入していくのもわかるような出来栄えです。

上の昆布がアクセントになっています

もうひとつ、こちらのお店で忘れてはいけない逸品が鯵の押し寿司です。これまたこの辺の惣菜、お土産の定番ですが、自家製ならではの素材の良さと小技の効いた腕の良さがわかるものになっていると思います。さらに値段も一本700円という手頃さもポイントですね。

こちらの押し寿司は昆布で巻かれています。さらにシャリの間にはシソや胡麻が入っていているのも味の向上に一役買っていると思います。鯵でも鯖でも光物は少々時間が経って寝かせた方がおいしくなるので、まさにお土産向けのものだと思います。昼に買って夜に自宅で食べるなんてのが一番良いかと思います。なお人気商品なので午後には売り切れることがあるそうなので遅くなりそうな時には電話で取り置きするのが良いかと思います。

これが噂の鯵の押し寿司です

あとは刺身の盛り合わせや金目鯛の煮付け、自家製のイカの塩辛、鯛を使った竹輪、小鯵の南蛮漬けなどなど近所にこんな店があったら便利だろうなぁと思うラインナップです。季節季節の味を楽しむことができるのが魚屋ですが、まさにそれを体験できるお店だと思います。

と、こちらのお店は地元密着の魚屋兼知る人ぞ知るお土産が買える穴場のお店と言えると思います。真鶴駅からも真鶴道路の旧道の近くと、アクセスも良いので寄り道してあれこれ買うのがおすすめです。干物などの海産物のお土産は街道沿いや大型のお土産屋でも買うこができますが、味と値段と種類の豊富さ、気取らなさを考えるなら、こちらのような昔ながらの魚屋が一番だと思います。我が家でもすっかり定番のお店になりましたよ。なお、店のサイトやツイッターもあるようです。詳しくはこちらからどうぞ。


二藤商店

神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴894-1(JR真鶴駅近く)
0465-68-0216 8:00~16:30
水曜(祝日の場合は営業、12月30~1月2日休)



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。