2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らぁ麺屋 飯田商店@神奈川県湯河原町

kage

2012/10/28 (Sun)

つけ麺の新しい世界を教えてくれる! 飯田商店

21世紀に入ってからのラーメンの世界はまさに日進月歩です。次々と新しいブームやトレンド、ご当地ラーメンが紹介されるとともに、東京、地方を問わず新しいお店が出来ていて、その人気はとどまることをしりません。特にこのラーメンの世界で一時代を築いたものにつけ麺があります。

これがうわさのつけ麺です

昭和の頃のつけ麺といったら、完全に脇役でしたが、今や堂々たる主役です。専門店も当たり前ですし、これが一押しの店も多くなりました。これは、麺の魅力が増したからに違いありません。昔はラーメンといえばスープが命でした。が、製麺業者やラーメン専門店による自家製麺、両者のコラボによって、麺だけ食べてもおいしいものができるようになったからだと思います。

そんなつけ麺のおいしいお店が湯河原にあります。おいしいつけ麺のお店といったら静岡県にもたくさんありますが、ちょっと違ったつけ麺を出すお店、若い人だけでなく中高年でもおいしくたべることができるお店、それがらぁ麺屋 飯田商店です。

メニューですよ

こちらのお店は、人気ラーメン店の常によって開店前から行列ができます。いわゆるシャッターですね。最初に行ったときには開店20分前でしたが、すでに10人以上並んでいて最初の回には食べることができませんでした。日曜日ということもあるかと思いますが、湯河原という場所を考えるとけっこう凄いことだと思います。当然ながらクルマのナンバーは東京や横浜、静岡のものがたくさんありました。

さて、それほどまでして食べたいつけ麺とはどんなものでしょうか。一言で言うと、昆布と鰹を火入れしていない出汁(水だし)に浸してある小麦粉が香る細めの麺が一番の特徴でしょうか。ご主人の修行先である町田市のロックンロールワンというラーメン屋のものをアレンジしてあるそうですが、食べた瞬間に、これはやられたっ!と思いました。

食べ方の指南書ですよ

食べ方は店内に書かれていますが、最初は麺のおいしさをそのまま味わうために最初に出てくる細かな塩をちょっとつけて食べます。ミネラル分たっぷりの塩と昆布汁に絡まった麺が相乗効果を表して、至福の瞬間を演出してくれます。麺自体も厳選された小麦粉を自家製麺したもので、コシがあって、弾力があるモムモムとした歯応え、香りが良いポテンシャルが高いものです。

それをより一層おいしくさせてくれるのが、水出しの存在です。ヌルヌルとまとわりつく昆布の旨さは、ラーメン好きよりも蕎麦、うどん好きの人にこそ食べてもらいたいほどです。私などは、つけ汁無しでも全部いけちゃうくらいにこのスタイルは気に入りました。蕎麦でいう水蕎麦のようなもので、最近のつけ麺の主流が豪快さを売りにしているのと対照的な繊細さがあります。さらにこれに別添えのすだちの絞り汁を加えるとさわやかさが加わってより一層おいしくなります。

つけ汁は鶏のうまみが出ていますよ

とはいうものの、これはつけ麺ですから、つけ汁も気になります。これまた一筋縄ではいかない工夫されたもので、味の決め手は鶏の存在です。秋田の比内鶏を贅沢に使ったもので、鶏油(チーユ)がそこにマッチして、さっぱりなのにコクがあるものに仕上がっています。味は醤油のキリッとしたもので、直球ど真ん中の仕上がりになっています。

そこに加わっているトッピングは、チャーシューも鶏ムネ肉とモモ肉のローストに豚肉、穂先メンマで、丁寧な仕事がなされています。つけ汁に麺をくぐらせて食べてみると、麺そのままで食べるのとまた違ったおいしさがあります。最近の濃厚系のつけ麺の場合は、スープの脂分で麺と汁を一体化させていますが、こちらのものは、それを昆布の粘度が代わりにしているので、絡み具合もよく、ラーメンのように食べ進むことができます。

塩とすだちの汁ですよ

普通のつけ麺の場合は最後にスープ割りをしますが、こちらの店の場合は、つけ麺の水だしをスープ割りの代わりとして使います。そうすると、濃い目の蕎麦湯のようにトロットロッとなって、これまたおいしさが倍増するのです。

限定もありますよ

最近のラーメン屋には限定モノがつきものです。月替わりで旬の素材を使ったり、他の店とのコラボをしたりとお客さんを飽きさせないような工夫をするとともに、新しいメニューや調理法のきっかけ作りに利用しています。もちろん?こちらのお店でもやっています。

麺がいきてます

この日は、ネットで評判だった2種のつけ麺狙いだったのですが、数日違いで終了しており、代わりに極太麺のつけ麺がありました。前回でつけ麺の虜になっていたので、さっそく注文したのですが、こちらは他の店のような形で提供されており、おいしいものの、他の店で代用できるようなものでした。やはり定番の出し入りのつけ麺が一番のようです。

つけ麺の紹介ばかりですが、ラーメン好きの間ではこちらの店の普通のラーメンも評価が高いのです。丸鶏をベースにしたものと煮干をベースのものの2種類があります。つけ麺が鶏ベースなので、煮干をお願いしました。にぼっちゃんの名前で出ています。トッピングにワンタンも付けてみました。

普通のラーメンもいけますよ

さて、やってきましたよ。こちらも表面に鶏油がけっこう覆っています。脂っぽいと思いますが、それほどでもありません。質の良い鶏から作った鶏油だから甘くてしつこさのない鶏の旨みがきて、その後から煮干の香りがぷーんとやってきます。煮干系のラーメンというと最近はガツンとくるものが多いですが、こちらの店のものは上品な煮干味となっています。

これは、良い煮干を数種類使って丁寧に出汁をとっているからでしょう。つけ麺と同じで、すべての下処理と仕込みが基本通りに丁寧にしているからでしょう。端麗系と呼ばれるラーメン店は数々あれど、上品だけどしっかりとした主張がこめられている店ってなかなかないんだと思います。このバランスが人気の秘密なんだと思います。

ワンタンもありますよ

麺も平打ちののど越しの良いもので、スイスイとすすることができます。ワンタンは、ピロピロの食感が楽しいですし、なにより中の餡がたっぷりと入っているうえに味わいも癖もないもので、ラーメンの味を殺すことがありません。ワンタンファンにも納得できるものだと思います。

と、こちらのお店は神奈川県とはいえ、熱海から目と鼻の先にある湯河原のお店ですので、静岡市などから遠征する価値十分にあると思います。特に最近のラーメンは脂っぽいとか、ゴテゴテしすぎとか節系とかとんこつ系とかやりすぎ感が強すぎると思っている方に食べていただきたいですね。さらにラーメンよりも蕎麦が好きという人に一度つけ麺を食べてもらいたいですね。

住宅街にありますよ

湯河原には、このお店の近くに行列ができるパン屋のブレッド&サーカス、隣駅の真鶴駅前には魚屋の鏡ともいうべき二藤商店があるので、あわせてグルメ旅行なんてのもいいかと思います。もちろん温泉も海も山もありますからドライブに最適です。

そうそう、こちらのお店はつけ麺や限定メニューは提供数に限りがあったり、行列ができるので早めの到着がお勧めです。なお、以前はカウンターだけでしたが、プラス2席ほどのテーブル席ができたのと、自動食券機が導入されていました。これにより少しはスピードアップされました。


らぁ麺屋 飯田商店

神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14(湯河原中学校近く)
0465-62-4147 11:00~15:00(材料切れまで) 
月曜休(祝日の場合は翌日休)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【らぁ麺屋 飯田商店@】
つけ麺の新しい世界を教えてくれる! 飯田商店21世紀に入ってからのラーメンの世界はまさに日進月歩で

2012.11.19 (Mon) | まっとめBLOG速報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。