2005 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2005 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹味@川根本町、蕎麦家おおもり@浜松市中区

kage

2012/11/25 (Sun)

夫婦仲良く頑張る蕎麦屋対決! 丹味、おおもり

11月22日は「いい夫婦の日」でした。飲食店、それも個人商店の場合の多くがご夫婦、もしくは家族で営まれている場合が多いように思います。そこで今回はご夫婦ふたりで切り盛りしているお店、それも時期真っ盛りの新そばを楽しめる蕎麦屋を紹介したいと思います。

DSCN8217.jpg

・丹味

川根本町の千頭といえば、SLで有名な大井川鉄道の終点になります。駅前は観光地らしくお土産屋やイベント広場、道の駅などがあって休日はけっこうな人出になることもあります。丹味は千頭駅前にある小さなお店で、知らなければ通りすぎてしまうような地味な店構えです。観光地の飲食店といえば、派手な看板や幟が相場ですが、こちらのお店は、街中にある隠れ家の割烹のような感じです。

こちらのお店は、昼は手打ち蕎麦の専門店、夜は地元住民憩いの和食店、居酒屋になります。この昼と夜の違いは場所柄のことでしょう。夜はひっそりとしてしまうので、お酒を出さないとやっていけないでしょうからね。

DSCN8221.jpg

このように昼だけ蕎麦を出すお店、観光地のお店と聞くと、おざなりの蕎麦を出す店ってなりがちですが、相当に気合の入った本格的な繊細な都会的な手打ち蕎麦なんです。メニューの数はそれほど多くありませんし、大盛りもできません。ランチサービスもなく、蕎麦一本で勝負している潔さは好感が持てます。

最初の訪問では、ざる蕎麦とかけ蕎麦、おいなりさんという冷たいものと温かいものの両方をお願いしてみました。せいろは、極細で見事な切りの技術を見ることが出来ます。色は緑でも黒でもない蕎麦色ともいうべきもので、星も見えないので見た目は平凡な感じを与えます。

DSCN8218.jpg

が、これをすすってみると蕎麦の香りがふわっと鼻に抜け、その後から蕎麦粉が持つワイルドさと繊細さを兼ね合わせた旨み、甘みがじんわりと感じることができます。蕎麦好きの人でもレベルの高い蕎麦だと認めるほどのものがあると思います。

この蕎麦にあわせるつけ汁もキリリと辛目の江戸前風のもので好みのものです。静岡、ましてや郊外の蕎麦屋に行くと甘めの汁が多いですが、こちらのものは、鰹の風味もしっかりと感じることが出来ることもあって、蕎麦の良さをより増してくれます。わさびをちょっと蕎麦に乗っけてから、半分ほど汁に浸してズズッとたぐる、蕎麦本来の楽しみを味わうことが出来ました。

DSCN5316.jpg

かけ蕎麦も、野暮ったくないキリリとした汁を楽しむことができます。柚子の香りもプラスして、寒い時期にはうれしい一杯となります。種ものがのっていなくても最後までおいしく食べきる、飲みきることができるのは良い蕎麦、程よい汁の証だと思います。蕎麦好きなら冷たいものと温かいものの両方いけちゃうと思います。

DSCN8220.jpg

あとはこちらの店の隠れた人気メニューのおいなりさんです。2個で150円というサービス価格で、じんわり、ジュワと出汁がしみたお揚げが良い具合です。蕎麦の洗練さとは違う家庭的、田舎のおばあちゃんの手作り感のあるおいなりさんといったところです。この対比が良いんですね。

DSCN8219.jpg

2回目の訪問では、天ぶっかけ蕎麦をお願いしてみました。これは小海老の天ぷらと海苔、おろしなどが冷たい蕎麦にのったもので、静岡市などの県中部地方ではポピュラーなメニューになっています。こちらのものもそれに沿ったものですが、天ぷらが普通な感じで蕎麦とのバランスがちょっと悪いように思いました。蕎麦自体がおいしいだけに、こちらではストレートにざる蕎麦でいった方がよいのかと思いました。

DSCN5318.jpg

と、こちらのお店は、小さな山奥の町、観光地の駅前というロケーションにあるとは思えない本格派の手打ち蕎麦を楽しむことができる稀有なお店だと思います。寸又峡や千頭でも蕎麦を出す店がありますが、それらの店とは一線を画す姿勢は、蕎麦好きでも満足させる力があると思います。奥大井方面に出かけたら寄り道しても損はないと思います。


・蕎麦家 おおもり

浜松市はなにかと静岡市と対比されます。食の部分では多くのジャンルで浜松市が静岡市をリードしていると思うのですが、こと蕎麦に関しては静岡市及びその周辺の市町村の方が浜松市を凌駕しているお店が多いように思っています。

DSCN8553.jpg

そんな浜松市にあって、本格的な手打ち、しかも手挽きの蕎麦が楽しめることができるのが、駅南の住宅街にあるおおもりです。看板も少ない住宅街のお店は知らない人は、常連さんが通う隠れ家といって過言ではないと思います。浜松周辺の蕎麦好きのオアシスなのかもしれません。

お店は、座敷の真ん中に大きな一枚板のテーブルがある特徴的です。都会の中の蕎麦屋というよりも信州の山奥にある蕎麦屋といった感じもします。メニューは、種物は少ないものの、蕎麦の種類や挽き方、蕎麦の割合の種類が多く、初めてだとどれにしようか迷ってしまいます。

DSCN8560.jpg

そんな時にうれしいのはセットものがあることです。手挽きの大ファンである私は、3種盛りをお願いしました。これは、せいろに田舎の二八、田舎10割の魅惑的なものが一度に楽しめるものです。この日はおなかがそれほどすいていなかったので2人で1セット、それをうれしいことに半量づつ出してもらえることになりました。この客側に立ったサービスをさりげなくしてくれることもポイント大ですね。

最初はせいろです。白っぽい星のない端正な姿は、香り、のど越し、味わいとも平均的なものに感じました。これは蕎麦だけを味わうよりも天ぷらなどと一緒に楽しむベースとして適していると思いました。こちらのつけ汁が鰹の香りがよく、醤油も返しも本格的なキリリとしたものだけに蕎麦が負けてしまった感もありました。

DSCN8556.jpg

次は田舎の二八です。これは黒っぽく星もしっかりと見ることが出来、ザラッとした感じは、粗挽き好きにはたまらないルックスがあります。キタキタキタ!と思わずにはいられません。最初は塩で蕎麦本来の素性を味わうことにします。

DSCN8554.jpg

粗めの塩をちょっとつけてたぐると、蕎麦の香りがふんわりと感じることができます。見た目よりもおとなしめですが、それでもせいろよりもしっかりと感じるワイルドさと、のど越しの良さと蕎麦粉が持つ甘みの余韻を楽しむことができます。これは上等な山葵と辛目の汁にも負けないものがありました。

DSCN8559.jpg

最後は週末限定の10割です。これは黒っぽいを通り越して黒い蕎麦で、短めの長さもあって、相当のやんちゃな感じを感じさせてくれます。果たして、食べてみるとボソッとした感じもする強力さがあります。バランス的には二八の方が良いのかなと思わせるほどです。ただ、繊細なものからワイルドなものまで、同じ蕎麦といってもこれほどの違いを一度に楽しめることは、蕎麦好きよりも蕎麦道を歩み始めた人に試してみてもらいたいですね。

と、こちらのお店は、静岡県が誇る手挽き、粗挽き系の名店である藤枝のながいけ、富士のこばやしと同じように会社勤めから蕎麦好きが高じて手打ち蕎麦屋を開業した経緯が同じということもあってか、全国各地の良い玄蕎麦を工夫努力して仕入れ、それを最適な方法で挽いて、打って・・・と、従来の蕎麦屋とは違うものを持っていると思います。

DSCN8551.jpg

浜松の蕎麦好きだけでなく、全国各地からこちらのお店を目指して蕎麦好きが集まるというのも凄いことですし、なにより、ご夫婦仲良く蕎麦の道を楽しみながら精進しているのは凄いことだと思います。蕎麦打ち教室や蕎麦祭りへの参加など浜松地区の蕎麦ファン増加の一翼を担っているのは間違いないと思います。そうそう、こちらのお店の凄いところはもうひとつありました。水切りの良さは天下一品です。白いお皿には水一滴残っていないのですから。


丹味

榛原郡川根本町千頭1216-19(千頭駅前)
0547-59-3929 11:30~売り切れまで 不定休

蕎麦家 おおもり

浜松市中区中島1-31-1(スーパーバロー中島店近く)
053-463-2879 11:30~14:00 ※夜は予約のみ
定休日 月・火曜日、第1土・日曜日


この記事へのコメント

kage

矢部結城乃ちゃんの感想

また読みに着ますね(^^♪

Posted at 00:03:26 2012/11/27 by 矢部結城乃

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。