2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三橋@沼津市

kage

2005/11/08 (Tue)

魚の天丼が食べたくなったら! 三橋

残念ながら閉店しました

沼津で観光客が気軽にご飯を食べたくなったら・・・と考えると、沼津インター近くの通称「グルメ街道」と沼津港付近の地元民が言う「港湾」の2つが双璧ではないでしょうか。しかし、それが朝早くとなると「港湾」に軍配が上がってしまいます。

地の魚が満載です


この沼津港周辺は昔から地元民や伊豆を訪れるダイバーなどに親しまれていましたが、テレビ番組やガイドブックなどで多く紹介されているので、最近ではたくさんの観光客が来るようになってきたようで、新しい飲食店も増えてきました。

そんな飲食店は、宴会のできる大型店からカウンターだけの店、客層も港で働く人や魚屋関係の人が多く訪れる店、観光客が多い店、どちらも来る店など千差万別です。これだけの特徴ある飲食店が集まっている地区は静岡県では珍しい存在です。「静岡の築地」と言っていいかもしれません。

しかし築地とちょっと違うのは朝早くから営業している店が以外と少ないというのが現状です。まぁそれでも大小合わせて10軒ほどはやっておりますが・・。有名な処では「丸天」がありますが、今回はその近くの「三橋」というおそば屋さんです。

そば屋ですからそばが主体ですが、私のおすすめは天丼、それも地の魚を使った天丼です。朝から油物と敬遠する人もいるかもしれませんが、魚が主体で、なおかつおいしいのでペロリといけちゃいます。

これほど魚の天丼の種類が多い店は珍しいです


普通、魚の天ぷらというと「海老」「イカ」がノーマルで「キス」や「アジ」「ギンポウ」などがあれば御の字ですが、この店はさすがに市場にあるお店です。「でんでん」「ほうぼう」といった普通目にすることない種類のものがあります。これほど種類の多い天丼を扱っているお店はそうそうないと思います。

私はいつも「ミックス丼」を注文します。これは旬の地魚が2,3種類と海老、イカ、野菜がのっております。今日はキスと黒むつでした。白身の魚はやはりおいしいですね。さっぱりとした身が熱でホロリとなって口の中で解けてしまいます。あとミックスの良いところは色々な具を楽しめることですね。海老のプリプリ感、イカの肉厚の甘み、箸休めのシシトウのほろ苦さ・・・と食べる度に違った小さな感動を味わうことが可能です。

天丼のおいしさは「ご飯」「天ぷら」「丼つゆ」が三位一体となって、渾然としたおいしさを感じることができるところです。丼つゆの甘しょっぱい薄黒い色となった天ぷらを色々食べつつつゆを染みたご飯を食べたり、天ぷらと一緒にご飯を食べたり・・・とアッという間にあいらげてしまいます。

さらにこの店の良い点は、家族経営の小さなお店ですので融通が利くことです。普通のメニューにない短冊の「今日のメニュー」には刺身もありますし、季節物の「カキ」などのメニューの他、天丼に「穴子を追加してください」とか「ご飯大盛り、丼つゆ少なめ」といった注文もできます。大勢でいったら天ぷら盛り合わせや刺身で乾杯も可能です。そんなお店ですから朝早くから市場で働いていた人や仲買の人達が大声で酒盛りをしていることが間々あります。

有名な書家が書いた暖簾です


朝早くから開いているお店の中では貴重なそば屋です。「すし文」「海幸」という大型店、有名店と一緒のテナントビルにあり、テレビやガイド、ネットでは余り目にすることはありませんが、なかなかの存在感だと思います。大型店に飽きた方、刺身よりも天ぷらといった方は一度訪れてみてもよいかと思います。

三橋

沼津市千本港町109(沼津港飲食店街)
055-951-4700 7:00~15:00 17:00~20:00(休市日は11:00より)
金曜休み

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。