2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁志乃@静岡市葵区

kage

2005/11/10 (Thu)

焼きたて団子が待ってます! 仁志乃

お団子は和菓子の中にあって地味な存在である。ちょっと前の「団子3兄弟」ブームの時は凄かったが、それ以前もそれ以降も控えめな実力者といった感じで、野球でいうと攻守巧打の2番バッターといったところでしょうか。デパ地下などでもメインの場所ではなくて、ちょっと外れの場所で頑張っているのにけっこうな人出があります。

磯辺と蜜団子です


この密かな人気、実力は、その値段の手軽さとおいしさのバランス、そして味のバラエティさにあるのだと思います。そんな団子、それも串団子の専門店が「仁志乃」です。

店構えは普通の和菓子屋さんと一緒です。ドアを開けるとガラスケースの中にあんこ系の団子が並んでいます。普通の白いお米の団子に漉し餡と粒餡のものと草団子に漉し餡と粒餡のものがきれいにディスプレイされています。白と草色、そして小豆色のコントラストがきれいで、なおかつ食欲をそそります。

ここで団子を焼いていきます


そしてこの店の大きな特徴が、その奥の「焼きたて団子」のコーナーです。注文を受けてから店主が一本一本丁寧に焼いてタレをつけてくれます。焼きたてを売っている店は数あれど、注文を受けてから焼いてくれるお店は本当に少ないです。白い団子に焦げ目が付いていき、そこに醤油の匂いが漂いはじめて・・・と、このライブ感は最高ですね。味はもちろん焼きたてですからおいしいです。

このおいしさの秘密は焼きたてだけではないようです。それは団子の命、団子本体にあります。普通は手軽な上新粉を使う店が多いのですが、このお店ではうるち米を毎朝その日の分だけ炊いて機械でついて作っているのです。ですからモチモチ感としっとり感がバランス良く、その場で何本も食べることができます。

焼きたての串団子は、日替わり、季節替わりのようで、この日は定番の「蜜団子」「磯辺」のほか、かつお節が掛かった「磯ふぶき」、とろろ昆布がかかったものなどがありました。あれもこれも試してみたくなります。

串団子は一本115円のものが多く、80円くらいが標準的な価格だと思いますので、ちょっと割高に感じるかもしれませんが、食べてみれば納得できる価格だと思います。この日も何組かのお客さんが焼きたて系と餡子系の両方をけっこうな量買っていかれました。

この看板が目印です


団子はちょっと・・・という人も焼きたて系の醤油のものなら大丈夫ですし、甘いもの好きな人にとっては焼きたてをその場で何本か食べて、お土産で餡子系を色々と買って・・・と、まさしくこのお店は団子パラダイスといえるでしょう。

仁志乃

静岡市葵区車町6 (日本銀行静岡支店近く)
054-252-9389  9:00~18:30 
定休日 日曜日(祝日営業)

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【静岡】自転車で焼きたてみたらし団子を「仁志乃」に食べに行く
 自転車で研屋町方面から東に向かうちょっと外れた簡素な商店街に目立つ串団子のイラスト看板。このお店は静岡道楽手帳のSUZYさんや+++ fibe +++のみぃみ*さんもお気に入りの「みたらし団子」の隠れた名店「仁志乃」です。  お店に入ると突き当たりに団子の種類のデ?...

2008.02.07 (Thu) | Manisele-999

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。