2005 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2005 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつ藤@静岡市葵区

kage

2006/01/31 (Tue)

豚肉にこだわっています! かつ藤

最近は何にでもブランド化しています。バッグなどはもちろんのこと、食の分野でもブランドが幅を利かしています。昔から牛肉は「松阪」「神戸」・・・と、ブランド牛に人気がありましたが、豚肉、鶏肉でも最近では多くのブランドを目にするようになりました。豚肉では「薩摩黒豚」が有名ですが、はたしてブランド豚を使っていればおいしいのか?という問題があります。

ロースカツ定食です


とんかつ屋さんでも「黒豚使用」とか「○○ポークの特選ロース」なんてのを良く見かけるようになりました。しかし、このお店はそんなブランドを否定するのでなく、店主自ら問屋さんへ赴き、その日に良かった豚肉を仕入れてくるのです。ブランドよりも素材重視というわけです。まぁ人間社会でいえば「学歴よりも人材本位」といったところでしょうか。

そんな主人が作るとんかつですから素直においしいです。この日は定番の「ロースかつ」をいただいたのですが、赤身と脂身のバランスがとれた甘みとジューシーさが口の中いっぱいに広がります。最近のとんかつ屋で多く見られる衣のはがれや衣だけが主張することはありません。衣と肉が一体となってサクサクジワッーときます。この辺りは専門店の揚げのテクニックが優れているからでしょう。値段以上のボリュームがあるのもうれしいですね。

 揚げ方が絶妙です


とんかつ屋さんの冬の楽しみのひとつに「かきフライ」があります。プリプリふわっとした衣を噛み締めると、口の中にかきの旨みと香りがいきなり広がります。ここでも良いかきを使っているので満足度は高いです。小ぶりのかきを使っていると衣が勝っている場合が多いのですが、ここでは小ぶりなかきは2個抱き合わせて揚げているので丁度良い具合です。欲を言えばタルタルソースが欲しくなります。

このかきフライ、海老フライやひれカツなどと組み合わせることもできます。今日は海老フライを選択しました。海老は中の上といったところでしょうか。南米はギアナ産の上物ということでしたが、もうすこしプリプリ感が欲しかったです。まぁ値段を考えたら妥当でしょうか。

写真が乱れておりすいません


このお店、メインだけでなく定食ではなくてはならない「ご飯」「赤だし」「漬物」の3点セットがおいしいんです。ご飯はツヤツヤの良質なものですし、赤だしも良く出汁が効いています。そして漬物が出色です。たぶん自家製なのでしょうが、量・質とも十二分です。箸抑えにこれは大歓迎です。

今回は食べておりませんが、「三昧煮」という、とんかつを作る時に出る切れ端を使用した佃煮や「肉の角煮」などが持ち帰りや食べることができるようなので次回の課題となりました。

落ち着いた店構えです


このお店「夫婦2人」「繁華街のちょっと外れ」「専門店」「職人肌」・・・というおいしいものを食べさせるキーワードがあふれています。チェーン店のとんかつ屋に飽きた時やのんびりゆったりと、とんかつを食べたい時に利用したいお店だと思います。


とんかつ かつ藤

静岡市葵区東鷹匠町3-12(静岡工業高校近く)
054-247-7082  火曜・第3月曜休み 
11:00~20:00(中休みあり) 

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。