2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清見そば本店@静岡市駿河区

kage

2006/02/22 (Wed)

そば屋でラーメン!? 清見そば本店

日本人は本当にラーメンが好きです。国民食と言われるくらいですからね。色々な飲食店のメニューにラーメンがあるのもうなずけます。特にそば屋、それも日常的、出前をやっているような街角に溶け込んでいる普通のそば屋には定番的にあります。

これぞ中華そばですね


そんな「そば屋のラーメン」ですが、この店ほどそば屋でラーメンが食べられている店は少ないと思います。昼時に行くと店の中のほとんどの客がラーメンを食べているのも珍しくありません。ラーメンはけっこうな数の選択肢のひとつなのですが・・・。

お店は、駅南の雑多な商店の集まる角にあります。四つ角に玄関があるちょっと変わった造りです。歴史もある店構えで周辺に馴染んでいるどころか、ランドマーク的な存在にさえなっています。店の中も懐かしさでいっぱいです。これぞ街のそば屋といった感じです。「寅さん」にでてきそうな雰囲気です。

町並みに見事に馴染んでいます


ラーメンは値上がりしたとはいえ一杯450円と良心的です。小ぶりなので男性客は100円増しの大ラーメンやご飯、他のメニューと一緒に楽しんでいます。注文してからすぐに到着するのも街場の飲食店としては合格でしょう。

ラーメンは典型的な中華そばです。たたずまいは、黄金色の透き通ったスープにちょっと白い麺、その上に青葱、メンマ、海苔、小さめなチャーシュー、そして静岡らしいナルトです。これこそまぎれもない昭和のラーメンですね。

見た目通りに味も懐かしさでいっぱいです。そば屋らしい鶏ガラ出汁にかつお節やらサバ節のような魚系がほのかに感じられます。ちょっと甘めな味付けもお約束です。中華料理屋の業務用スープとも違いますし化学調味料もきつくありませんし、ホッとできる飲みきれる味です。ちょっとぬるいのはご愛嬌ですが、もっと熱々がやはり飲みたいものです。

麺は自家製麺なのでしょうか、ラーメンとそうめんの良いとこどりのような感じです。最近のラーメンのように麺自体が主張するような個性はありませんが、スープや具と一緒に楽しむ分には十分でしょう。通常ですと柔らかめな茹で具合なので「麺は少し固めで」と頼むといいでしょう。私はいつもこれです。

具もこれといって突出しているものはありません。チャーシューがそば屋らしく少し固めなのを除いて平均点でしょう。しいてあげれば小口切りの青葱がこのラーメンにはピタッと合っているくらいでしょうか。まぁ、この手のラーメンの具は一連の流れの中のアクセントですから控えめな方が良いのではないでしょうか。炙りチャーシューなんてものは新めの店に任せておけばよいのですから。

と、いたって普通のラーメンですが、最近ではこのような普通に旨いラーメンを出す店が少なくなったので、貴重なのではないでしょうか。街中にあって手軽に食事できるお店として重宝すると思います。


清見そば本店

静岡市駿河区南町1-6(JR静岡駅南口近く)
054-285-0649 10:45~14:30 16:30~19:30
定休日 木曜日、第2日曜日

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。