2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和屋@牧之原市(旧榛原町)

kage

2006/03/11 (Sat)

テレビ番組で大復活! 和屋(なごみや)

残念ながら2009年末を持って閉店しました

だいぶ前に終了してしまったテレビ番組で「愛の貧乏脱出大作戦」というものがありました。赤字経営でどうしようもない飲食店が、同じ業種の繁盛店に弟子入りして店を建て直すというドキュメント風番組でした。司会はギネスにも載っているみのもんたさんでしたね。

ひとりでは食べきれない大きさです


この番組で取り上げられた静岡県のお店が何軒ありましたが、今でも繁盛しているお店は少ないようです。今回はそんな貴重な一軒です。店名は「和屋(なごみや)」です。旧名は「オベロン」。昔の名前は豆腐屋とは思えません・・・。

こちらのお店のウリは京都の大豆を使用した「豆腐」なのですが、私的には「油揚げ」を大プッシュしていきたいです。値段は1枚250円とけっこうしますが、大きさが30センチほどありますから妥当な値段だと思います。厚さも丁度良い具合です。

ちょうどよい厚みです


こちらの油揚げのおいしさの秘密は、基本に忠実なところでしょう。

「良い豆腐から作る揚げ本体のおいしさ」
「良い揚げ油を使って丁寧に手揚げしている」

の2つでしょうか。ただ焼いて醤油をちょっと垂らして食べるだけでそのおいしさが判るのです。口の中に放り込むと外はカリッ、中はフワッの2重構造が最初に楽しめ、次に口の中一杯にお豆の味と揚げ油の香ばしさが広がります。油揚げによく見られる油でべチョべチョというのもなく、あっさりとしているのも好感が持てます。

豆腐のような加工品を扱うお店では、ちょっと人気が出るとスーパーやデパート等へ品物を出して売り上げ増を図る場合がありますが、このお店はわかりにくい場所にありながらも店売りだけで頑張っている姿勢がえらいと思います。テレビ番組で学んだことを地道に実践しているのでしょう。

ここの油揚げを食べると、

「そうそう油揚げってこんな味だったよなぁ」
「年を取ると素材勝負の料理がおいしく感じられるんだなぁ」

と思うはずです。


和(なごみ)屋

牧之原市(旧榛原町)細江1488-4(ユーストア榛原店近く)  
0548-22-2991 11:00~18:00 月曜休み

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。