2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆村の駅@三島市

kage

2006/03/19 (Sun)

21世紀型お土産屋かも!? 伊豆村の駅

観光地に欠かせないもののひとつに「お土産屋さん」があります。温泉地にある小さなお店から観光バスが押し寄せる体育館かスーパーのような大型店まで色々あります。が、後者の大型店は団体客の減少からか最近人気がなくなってきているようです。まぁどこも施設が古くなってきているのでしょうが、その内容と雰囲気が今時の消費者の嗜好と乖離してきているのも一因でしょう。

道の駅を意識しています


ひと昔ならば観光地へ遊びに出かけるとご近所さんや会社へ何かしらお土産を買ってきて配ったものですが、最近では自分や家族へのお土産が増えてきていると思います。たとえば「数が多くて見栄えがするお菓子」や「その土地の名物と言われているもの」だったのが、「数が少なくても本当においしいお菓子」「その土地で取れた新鮮な農水産物」に変わってきているのではないかと思います。

この動きは全国的には無名でも地元では知る人ぞ知るお菓子屋さんをネットで探して買い物をする人や、農産物直売所や漁港近くの魚屋に観光客の姿が多いことからも事実であると思います。さらに最近ではお土産と日常での買い物が区別しない、上質な物ならばお土産品だろうと何だろうと構わない人が増えてきているのではないでしょうか。

そんな流れの中で、このhttp://www.muranoeki.com/伊豆村の駅を見たとき、運営母体が熱海で全国へお土産を卸売りしているお土産製造会社と知った時に納得したのです。21世紀に向けての新しいお土産屋のパイロットショップなのか新しいお土産品のアンテナショップなのかわかりませんが、1消費者としてもマーケティングに興味ある者としても興味ある施設であることは間違いありません。お土産屋の枠を超えて近隣住民でも楽しめる施設であることは間違いありません。

ここでも朝採れの野菜は人気です


この施設、名前からも外観からも色々な場所にある「道の駅」のように感じますが、中身はけっこう違います。メインのひとつである『採れたて野菜の直売コーナー』は道の駅と一緒ですが、ここでは入口の近くの一番良い場所に設置してありますが、全体からみればその割合は少なめです。「ここで注目を集めて他へお客さんを流そう」「ここを目当てに地元客を集客して、あわよくば他の物を買ったり食べたりしてもらおう」という考えなのでしょう。値段と新鮮さ、一品当たりの量は近郊の産直市とそう変わらないのですが、種類は面積からかそう多くありません。野菜だけを気合を入れて買いたい場合は「大仁ふれあい市場」の方がおすすめです。

沼津港が近いので魚にも力が入ってます


他のコーナーはショップ内テナントといった感じで違う雰囲気のコーナーがたくさんあります。よく言えば「てんこ盛り」悪く言えば「ごちゃごちゃ」しています。まぁ何が出てくるかわからない探検気分で楽しめますが、人ごみで混雑してくるとちょっと息苦しいかもしれません。試食できるものが多く、実際に試して買えるのは魅力だと思います。が、味と値段を冷静に判断していると買えなくなってしまう場合もあります。

コーナーとしては、「鮮魚売り場」「パン屋」「チーズ売り場」「ミルク・アイス屋」「せんべい屋」「わさび屋」「お茶屋」「お米屋」「豆腐屋」「惣菜屋」「漬物屋」「お土産的お菓子屋」などでしょうか。鮮魚売り場以外それほど大きな面積ではありません。それぞれがおしゃれだったり民芸調だったり統一感はありません。気になる価格は野菜や鮮魚に安いものが見かける他はあまり安くはありません。なんせパンなどは九州の名水を使った食パンで一斤500円のものを売っているくらいですから。

パン工房です


これらのコーナーの特徴のひとつに「その場で作って売っている」「工場併設型売り場」があります。パンもチーズケーキも作りたてを謳っています。作る場面を見せることで購買意欲を高めようという仕掛けです。これらの集大成が別棟の「たまご屋」ですが、ガラス張りの工房で多くの卵を使ってケーキなどを作っています。ただ、この建物がメルヘンチックでオヤヂには少々辛いものがあります。

それから、この施設のもうひとつの特徴に飲食店を分散展開していることですね。従来の大規模お土産屋ですと2階に大きな食堂を展開していることが多かったのですが、この施設では鮮魚売り場の横にすし屋や干物や貝類を焼いて食べさせる食堂、惣菜屋さんの横に一品物を組み合わせて食べさせる定食屋さん・・と工夫しています。こちらの方は売り場との相乗効果を狙ってのことでしょう。

と、伊豆に出かけた際に一度寄ってみるといいと思います。好き嫌いは別として、他には余り見かけることはない施設ですから。


伊豆村の駅

三島市安久322-1(国道136号熱函道路入口近く)
0120-54-0831 9:00~(テナントによって営業時間が違う)

この記事へのコメント

kage

おお、先週金曜に立ち寄ったばかりです。
仕事帰りで同僚と一緒だったので駆け足でしたが。

3枚目の写真にも写ってますが、藁巻きの塩引き鮭が1尾13,000円。
これが一番魅力的でした。
夫婦で行ってたら、ワガママ言って買っていたかもしれません。

その他、商品のラベルが「販売者:○○」となっているものが多かったように思います。
これだと、見た目はそれっぽくても、旧来の土産物と変わらないんですよね。
生産者の名前が書いてある野菜に文句は無いのですが、その辺ですこし興ざめしました。

いずれにしても駆け足でしたので、もう一度は行ってみたいところです。

Posted at 22:35:15 2006/03/20 by ドロンコ

この記事へのコメント

kage

私は嫁さんと2人でしたが、買ったのは道の駅同様に野菜くらいでしょうか。試食はいっぱいしたのですが・・・。午前中でしたので一匹100円のアジを泣く泣くあきらめました。あそこは値段もマチマチ、商品も地元のものから他の場所で作られたものまで色々ですのでよく見て購入しないといけませんね。
P.S.後でポテチを買いたかった・・と愚痴ら  れました・・・。

Posted at 05:22:22 2006/03/21 by SUZY

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。