2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥するが湾日曜市@沼津市

kage

2006/04/11 (Tue)

日曜朝のお楽しみ 魚編! 内浦の朝市

朝市、直売市というと、どうしても野菜、農産物を思い出してしまいがちですが、多くの漁港を抱える静岡県には魚、水産物を中心に商う朝市があります。今回はそんな中でもドライブ途中に寄りやすい「奥するが湾日曜市」を紹介します。

店はそれほど多くありません


開催場所は、沼津市街地から国道414号線を8キロほど南下し、大瀬先・戸田方面への県道を右折し2キロほど行った内浦漁港の駐車場です。淡島マリンパークの近くです。ここからは富士山は望めませんが、のどかな小さな入り江の港は、朝のひとときを過ごすにはのんびりとして良い場所です。岸壁で釣りもできますよ。

波静かな入り江状の港が会場です


ここの朝市のメインは、漁港だけに鮮魚と干物です。あとは近郊で取れた野菜や果物、農産加工物です。特に干物は沼津だけに4軒ほどの干物屋さんが出店してお客さんを集めています。七輪コンロを出して焼きたての試食をさせてくれているお店もあります。

そんな干物屋の中で私が一番好きなのが「鳥沢商店」です。店のテントに名前が無いので、探すのにコツがいります。おじさんと七輪が目印です。わからない時は「鳥沢さんてどこですか?」と、どこの干物屋さんでもよいので聞いてみてください。

鳥沢商店さんの干物は、最初に朝市へ寄った際に試食して「ん、おいしいじゃん! これはいけるかも?」ということで、何点か干物を買って家で焼いてみたら、これがビンゴ!でした。伊豆へ行くときは毎回ここで干物を買ってから他へ向う必須ポイントになりました。

これぞ天日干しです


売っている干物の種類は季節によって違いますがアジ、エボ鯛、イカは、薄塩の普通の干物タイプ、イワシやサンマはみりん干しタイプです。我が家の好みは、前者の薄塩のものですね。焼くとジワッと魚のうまみが出てきます。冷凍でないのも好きな点ですね。もちろん地物の天日干しです。

この店もそうですが、ここで売っている干物はどこのものも安いです。アジなどは100円以下、エボ鯛は130円くらい、イカはちょっと高くて300円・・と、これならば懐にやさしくお土産にぴったりです。

干物の次の目玉は鮮魚ですね。こちらは、アジやカサゴなどの地の魚がトロ箱に入っていたり、サザエなどの貝は水槽に入っていたりして目を楽しませてくれます。が、家に直行で帰るのならば買えるのですが、まる1日遊んでいくので毎回目の保養だけしています。こちらで魚や貝を買ってどこかでバーベキューなどしてみたいですね。

トロ箱に放り込まれています


最後は野菜です。野菜だけを考えると大仁まごころ市場などの方が良いかと思います。しかし、冬から春にかけてのみかん、柑橘類は産地が近くにあるのでおすすめです。あとは春の山菜などもよかもしれません。
この日はワラビがアク抜きしたものと、取れたてのそのままのものの両方売っておりました。

この朝市、規模もそれほど大きくなく地味な印象を受けますが、ロケーションといい、店を出しているおじさん、おばさん達の人懐っこい話し方といい、お値打ちの価格といい、日曜の朝の小さな楽しみとしては十分にアリ!な朝市だと思います。そんな朝市を愛する常連さんは多いようで、春から夏にかけては駐車場が満車になってしまうことも多いようです。

ガイド本やネットで紹介されつくされた感のある伊豆ですが、探せばまだまだ色々と楽しそうなスポットが出てきそうですね。


奥するが湾日曜市(内浦の朝市)

沼津市内浦漁港(淡島マリンパーク近く)
055-941-3448(三浦観光案内所内)毎週日曜 8:00前~12:00前

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。