2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺行使 伊駄天@藤枝市

kage

2006/07/30 (Sun)

無化調ラーメン進化系! 伊駄天

ラーメンの世界のジャンルのひとつに「無化調」というものがあります。ラーメンには必須と思われていた化学調味料を使わない、自然のダシなどを上手に使って奥深いラーメンを作り上げていこうというものです。この無化調ラーメンのお店が藤枝市の伊駄天です。

醤油味を細麺で


このお店は出来て間もないのですが、ラーメン好きの間ではすっかり有名店の仲間入りしています。しかも何度も訪れてしまうというリピーター率が高いのです。それは常に新しいメニューを開発したり、限定メニューを出したり・・・と、色々な仕掛けをして楽しませてくれるからです。

シックな店構えです


このような意欲的なお店は静岡県のラーメン店では少なかったので余計に注目を集めているのでしょう。首都圏や名古屋、関西などでは普通のことなのですが、保守的な静岡県の個人店では珍しいことです。最近県内あちこちでこのような動きがあるのはうれしい限りです。

こちらの2大柱は暖かいラーメンとつけ麺です。暖かいものは醤油系と塩系、さらに季節限定のお楽しみと豊富です。まずは一番好きな醤油ラーメンを。

スープはかつお節を始めとした海産物の出汁の良さが出ておりますが、俗に言う節系ほど全面に主張しているわけでなく角の取れたまろやかな醤油の味とほどよくマッチしています。この辺りが化調を使っていない天然素材を色々と使っているからこそ出せる味なのだと思います。単調な味でなく複層・重層的な味で楽しむことができます。

麺は中太の平打ち麺と細麺を選ぶことができます。細麺をいつものごとくちょっと固めでお願いしたら、ドンピシャの固さで満足できました。麺にも手抜かりなくスープの絡みも良いですね。具も脂の乗ったチャーシュー、シャキシャキのメンマ・・・などどのパーツも高次元で融合しています。ボリュームは普通かちょっと少なめですが、淡麗旨口なラーメンとしては静岡県でも出色な出来だと思います。

こちらでは塩ラーメンも人気があります。塩ラーメンはごまかしがきかない難しい味なのですが、こちらのものは無化調らしいすっきりとした塩味の中に出汁の味が上手に溶け込んでおります。塩ラーメンのおいしいお店ってなかなかないものですが、こちらのお店のものは誰が食べても納得できるのではないでしょうか。

醤油、塩というノーマルの味の他、四季に合わせて作られるスペシャリテが「四季菜麺」と呼ばれる期間限定のメニューです。一番最初に訪れた時に出ていたものは春限定の「塩香草燻玉麺」でした。

春限定の四季菜麺です


こちらは、イタリアンシェフ出身という出自を最大限に生かした力作でした。塩味にバジルペーストを合わせるという難しいハードルを軽々とこなし、食べる者に新鮮な驚きと新しいラーメンの発見を感じさせるおいしさです。バジルの青臭さに燻製のたまごと炙ったチャーシューの濃さがここでも良くマッチしています。合わせ技一本!で感じです。

春はバジル、夏は揚げナスなど旬の素材や季節感を味わうことのできる季節限定メニューは、夏場に冷やし中華を出すくらいしか季節感のなかったラーメン界に一石を投じる意欲的な催しだと思います。「次はどんんな限定メニューなんだろう?」という大いなる楽しみをラーメン好きに思わせる粋な試みだと思います。まぁ、お店側はメニュー開発に苦労するでしょうが、このようなことがラーメンという作品のレベル向上に役立つのでしょうね。

きれいに盛り付けられたつけ麺です


この店のもうひとつの柱が「つけ麺」です。四角い皿にきれに盛り付けられた麺を見るだけでこの店のレベルの高さを感じることができます。もちろん目だけでなく食べて納得の出来具合です。平打ちの麺はシコシコモッッチリとしていて暖かい麺のスープよりもこってりとしたつけ汁に良く合います。食べた後は残ったつけ汁にご飯を入れて雑炊風に楽しむこともスープ割りにして満腹感を味わうことも可能です。

さてさて、ごく普通のラーメン屋さんならこれで終わりなのですが、この店はまだまだ仕掛けがあります。なんと金曜日は「伊駄天 影武者」としてとんこつ専門店になってしまうのです。このような試みは東京などの大都市で見かけることはありますが、静岡県では数少ないことだと思います。

金曜限定のとんこつです


淡麗系のお店のとんこつはどうかということ、まぁ博多風のとんこつでなくとんこつ+魚介出汁の混じったスープで、これはこれで楽しむことができます。ノーマルな「白影」とマー油の入った「黒影」があります。こだわりの店ですから麺も福岡から直送の極細麺を使っています。ここはやはり固め、もしくはバリカタでいきたいですね。

と、メニューは厳選されているものばかりで、いずれもハズレなし。ボリュームが欲しければサイドメニューとしてチャーシュー丼などのご飯ものもありますし、季節限定のお楽しみもあり・・・と何度も通いたくなるラーメン屋さんです。

このお店、静岡県だけでなくラーメン激戦区の東京へ行ってもそれなりの評価を受けるお店だと思います。それから志太地区のラーメン屋さんの例に漏れず日曜は朝ラーをやっています。

P.S.この店のラーメンのことをもっと詳しく知りたいならば、リンク先の「さすらいのKトラオヤジ」や「静岡のラーメンメインの食の放記」「清水エスパルスとラーメンと私」を参考にしてください。


麺行使 伊駄天

藤枝市青木3-7-3 松浦ビル(藤枝郵便局近く)
054-644-1088 11:00~14:00 17:00~麺が終わるまで
月曜休み



この記事へのコメント

kage

ブログ紹介ありがとうございます。

最近このお店に行く頻度が高くなっています。
先週は水曜日の夜、金曜日の昼と夜…計3回も行っちゃいました(笑)

夏メニューの第二弾、気に入っちゃいました。
目でも舌でも楽しめて味わえるラーメンというのはなかなか出会えるものではありませんね。
こういう店が近所(徒歩3分)にあることが幸せな今日この頃です。

Posted at 16:09:57 2006/07/31 by ゴリ@七曲署

この記事へのコメント

kage

あっ!リンクしてくれてたんですね!
ありがとうございます!!
早速、おいらのブログにも、リンクさせてください♪

Posted at 01:53:56 2006/08/01 by コンビニ店長

この記事へのコメント

kage

>ゴリさん
全国各地のラーメン屋さんを食べ歩いているゴリさんが通っているのですから伊駄天は本物ですよね。限定ものも色々出していきますし目が離せないです。

>コンビニ店長さん
静岡市内よりも志太地区や東部地区の方が新しくて注目のラーメン屋さんが多いですよね。静岡地区ももっと頑張ってほしいです。
リンクありがとうございます

Posted at 05:37:26 2006/08/01 by SUZY

この記事へのコメント

kage

こんばんは!
最近、伊駄天の「紅」にはまってます!
ぜひ食べて見てください。

Posted at 23:59:25 2006/10/15 by やま

この記事へのコメント

kage

やまさん、こんにちは。
「紅」評判良いようですね。ラーメン仲間は週2回は通っているようですし、伊駄天は、現在の静岡県中部地区で一番頑張っているラーメン屋ではないでしょうか。静岡市内にもあのようなラーメン屋の出現するとよいのですが・・・。

Posted at 03:59:14 2006/10/18 by SUZY

この記事へのコメント

kage

はじめまして!
検索できました。一発で伊駄天ファンになったものです。
TBお願いします。

Posted at 00:03:09 2006/11/15 by 麺シロウ

この記事へのコメント

kage

麺シロウさん、はじめまして。これからもよろしくお願いします。
ブログ、拝見させていただきました。始めたばかりなのにけっこうな量の記事に敬服いたしました。私もラーメンと同様にカレーが好きなのですが、なかなか静岡で琴線に触れるカレー屋さんがないのが残念です。今度競輪場近くのお店に行って見ます。
TBどうぞお願いします。

Posted at 03:45:06 2006/11/15 by SUZY

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

気になるラーメン店  伊駄天
グルメネタ満載で楽しみにしているお3方のブログで、ラーメン店「伊駄天 」が立て続けに登場!それぞれ美味しそうな記事で・・・。これじゃあ、いやでも行ってみたくなるってもんです。 清水エスパルスとラーメンと私。やまブロ ~ラーメン日記 ; 静岡~静岡道楽手帖...

2006.07.30 (Sun) | 静岡STYLE diary

『伊駄天』夏限定第二弾
『伊駄天』の四季彩菜麺、夏の第二弾がいよいよスタートした。「夏涼塩味冷麺 柚子胡椒豚添え」第一弾が冷やし中華のようなタイプだったのに対し、今回は塩味の冷たいスープで食べるタイプである。盛り付けの美しさは相変わらず。トッピングは揚げ茄子、メンマ、プチトマト

2006.07.31 (Mon) | さすらいのKトラオヤジ

稲取 『支那そば屋 わさらび』
再び、稲取の『わさらび』へ行ってきました{/kaeru_fine/}今回は、トシモンさんのオススメ{/kaeru_en1/}「梅塩つけ麺」を食べました{/face_nika/}女性に人気がある{/heartss_pink/}という「梅塩つけ麺」は、麺の上にある梅干を、塩味のつけ汁の中に入れて、崩して、食べるん

2006.11.11 (Sat) | 清水エスパルスとラーメンと私。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。