2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまだ食堂@富士宮市

kage

2005/09/16 (Fri)

焼きそばだけじゃないよ! やまだ食堂

富士宮は今や「焼きそば」の街である。官民あげて焼きそばで町起こしをしています。喜多方ラーメンの成功などもあり、あちこちで食を起爆剤として観光に力を入れています。多くは看板倒れの処が多いのですが、ここ富士宮はまぁ成功しているといっていいでしょう。街のあちこちに「宮っ! 焼きそば」のオレンジのノボリが立っています。

まっとうな富士宮焼きそばです


そんな焼きそばの町でも多くの流派があるようです。曰く「駄菓子屋系」「鉄板系」「居酒屋系」「食堂系」「テイクアウト系」の5つだとか。このお店は、最初「鉄板系」のちにいろいろなメニューをおくようになった「食堂系」になったお店です。今は「食堂系」の重鎮?になっているようです。

場所は、富士宮のシンボル、浅間神社の西側になります。駅からでも浅間神社の境内を散歩しつつくればちょうどよい具合です。もちろん店にも駐車場はあります。店も良い具合に鄙びており、「これぞ街の食堂!」という雰囲気が店構えにも内部にも漂っています。ただ普通の食堂と違うところは店を入ってすぐに目に飛び込んでくるよく使い込まれた大きな鉄板の存在感でしょう。

風景に溶け込んだ店構えです


ここはやはり「焼きそば」をひとつ。イカ入りで注文してみます。ここはスーパーでも一般的なマルモの麺を使用しています。富士宮焼きそばの特徴のひとつ(多く?)がこの麺の固さ、腰の強さでしょう。作り方が悪いと「輪ゴムみたい」な悲惨な状態になりますが、このお店のものは水の刺し方・蒸し方が上手なのか程よい固さ、アルデンテになっております。丁度良い具合でした。

あと富士宮焼きそばに欠かせないのは大量のキャベツ。富士宮には朝霧高原がありますからシャキシャキキャベツが特産だけに麺とともにもうひとつの主役といっていいでしょう。もちろんこのお店でも麺と同等の量でした。それから脇役はソース。このお店ではソースメーカーと共同開発した「Cソース」を使用しており、あっさりした中にもちょっとスパイシーを感じるものでした。そして「肉カス」。これは肉が貴重だった頃の名残でしょう。B級度アップには欠かせません。最後は「魚粉」。かつお節粉でなく鯖や鰯を使った匂いがキツめのこちらは静岡人にはおでんでも当たり前のものですが、東京などからきた人には「ちょっと変わったかつお節」と感じるようです。こちらの店は存在感を感じさせつつ主張しすぎない脇役に徹していておいしさに貢献しておりました。今まで2,3軒しか富士宮焼きそばは経験しておりませんが、一番気に入りました。まぁ値段もうれしいですし・・。

焼きそばだけじゃないのが、この店のよいところです。ラーメンから丼もの、一品料理まで、食べてよし、飲んでよしの使えるお店です。今日は前評判の良かったラーメンを注文。

ラーメンもなかなかいけます


昔ながらの中華そばです。スープはちょっと甘め。あっさりとしながらも醤油のコクとまろやかさが感じさせます。チャーシューは超薄切りのものが5枚入っています。縦に並んでいるのが珍しいですね。こちらも甘めの味付け。麺は焼きそばほど固めではありませんが、茹で具合も丁度良いですね。この値段でこの味ならばラーメンだけを目当てに行っても合格点だと思います。

店も雰囲気も接客も何も主張していない、とがったところがない
一見客でもすんなりと馴染める
好きなものを好きなだけ頼むことができる

焼きそばだけじゃもったいないお店です!

やまだ食堂

富士宮市宝町1-2
044-26-4208 11:00~19:30 月曜休み HPあり

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。