2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンディトライ バッハマン@神奈川県平塚市

kage

2007/01/21 (Sun)

大人味のバウムクーヘン! バッハマン

バウムクーヘン・・・結婚式の引き出物の定番お菓子にして、積極的に買われることが少なくケーキ界においては地味な存在です。しかし、ここ最近、ジワジワとバウムクーヘンの人気が盛りあがっているように感じます。そんなバウムクーヘン界の真打がこのお店のものではないかと思うのです。

大人味のバウムクーヘンです


平塚にあるバッハマンは、バウムクーヘンの本場、スイスのドイツ圏に位置するルツェルンにあるお店の日本にある唯一の姉妹店で、バウムクーヘンに限らず色々なドイツやスイスのお菓子が楽しめます。値段も普通のケーキ屋さんと一緒位ですし、2階にはイートインができる喫茶店になっています。

このお店の本店は、湘南は平塚にあります。平塚の高級住宅地の花水台の大通り沿いにお店がありますが、街路樹が広がっているので気をつけないと通りすぎてしまいます。平塚駅近くの八重咲町に支店がありますし、品川駅のアトレ内の伊勢丹クイーンズシェフにも一部のお菓子が置いてあるそうです。

看板もドイツ風です


ここのバウムクーヘンの特徴は、大人の味ってことでしょうか。シナモンを初めとした各種のスパイスが生地やフォンダンに練りこんであるのか、甘い中にもほのかどころか口の中いっぱいに香辛料の良い香りが広がっていきます。紅茶はもちろんの事、ブラックコーヒーや軽めの赤ワインにも合いそうな気がします。

しっとりとした細かい年輪は約束事ですが、この生地のコクのある深い味わいには初体験であるばかりでなく、そのおいしさに完全にやられてしまいました。樹皮にあたる部分はホワイトチョコ掛けが多い中、このお店のものは砂糖掛けです。これが日にちが経つと中の生地にしみこんで来て、最初とは違った味わいを楽しむことができます。

このバウムクーヘン、こだわり系の雑誌Bの日本一の手土産はどれだ?バウムクーヘン編でナンバー1になっただけのことはありました。ドレスデン風と呼ばれている定番の砂糖掛けの1段、2段の他、ビターな黒チョコ掛けやホワイトチョコ掛けの3段のスペシャルもあるので、今度はそれにも挑戦してみたいですね。

バウムクーヘンで有名なのはどこのデパ地下でも買えるUのお店のものですが、このお店のものを食べると、Uのものは日本風にアレンジしたものではないのかと思ってしまいました。本場ドイツのものは食べたことはありませんが、バッハマンのバウムクーヘンは質実剛健、マイスターの国ドイツを連想させてくれる逸品です。日持ちもしますし、年輪がお祝い事には喜ばれますし、お土産や贈り物にはぴったりではないでしょうか。

このおいしさならひとりで食べられます


このお店のパティシエが「他のお店のバウムクーヘンは、バウム(樹)の形をしたスポンジケーキだ」と言ったそうですが、食べてみて納得しました。たかがバウムクーヘン、されどバウムクーヘンと、うなる体験となりました。

このお店にはバウムクーヘンだけでなく各種のケーキや焼き菓子にも沢山揃っています。この日は「バッケン生チョコ」と「バニラクリームクーヘン」をクルマの中でつまみ食いしてみました。

焼き菓子もおいしいのです


バッケン生チョコは、ビターな生チョコを焼いたもので、半生状態の生チョコムースの感じが良いですね。しつこくないチョコの風味が生きています。一口サイズでパクリといけちゃいます。

バニラクリームクーヘンは、隠れたベストセラーのようで、バウムクーヘンの次に人気があるようです。これは、有名ところでは平塚の近所、鎌倉のなんとかカスターに似ているものです。が、こちらの方が数段上に感じました。まぁ値段もあれより上ですが、1個150円ならば十分にお値打ちであると思います。

このスポンジケーキの良さは生地と中のバランスの良さでしょうか。ふんわりしっとりとした生地の中に風味豊かなバニラクリームが程よく入っています。最近ではバニラビーンズたっぷりのバニラバニラした緩めのトロトロクリームが流行りですが、これは品質の良いクリームをちょっと固めに入れてあり、口の中いっぱいにバニラクリームの芳香が広がります。Kカスターに飽きた方には一度食べてほしいですね。

このお店、スイーツマニアやバウムラー(バウムクーヘンを愛する人々)には昔から有名だったようですが、甘いもの好きなオヤジ、ベタベタした甘さでなく上品で大人っぽい甘みを欲している人にはぴったりなお店でないでしょうか。湘南へ遊びにいった時や東海道線を利用した時に寄ってみて損はないと思います。

それにしてもバウムクーヘンなのか、バームクーヘンなのか悩んでしまいます。今回は本場風?にバウムクーヘンとしてみました。


コンディトライ バッハマン本店

平塚市花水台23-23(なでしこ小学校近く)
電話0463-33-5363 FAX 0463-33-8992
8:30~20:30  毎週水曜日休み 駐車場2台あり


バッハマン 南口八重咲町店

平塚市八重咲町24-28(JR平塚駅近く)
0463-23-5210


この記事へのコメント

kage

こんにちは。
美味そうなバームクーヘンであります。

平塚市花水台といいますと、
我々夫婦は何度かイタリアンを食べに出かけたのであります。
東京の名店を任されていたというシェフが故郷に帰って独立
開業したということで、試してみようと食べに行ったのです。
何度か行ったのだから、美味しかったのであります。
やはり土地柄でしょうかお昼なんかはパスタランチがメインの
ようなのですが、お任せにすると通常メニューにないものでも
色々と出てきました。
しかし、やはり、遠いのはいかんともし難く、ご無沙汰です。

花水台にそのようなバームクーヘンの名店があることを知って
いましたら、屹度試していたことでしょう。
次に平塚に行ったら、絶対に試してみます。情報感謝です。

Posted at 19:33:02 2007/02/02 by

この記事へのコメント

kage

政さん、こんにちは。
平塚の花水台のイタリアンといえが「アクアフィオーレ」ではないでしょうか? 私も2回ほど行きました。うちの嫁さんの実家が埼玉と東京の境目ですので、里帰りした際に寄りました。1回目の時オオッと感激したので昨年の秋にまた寄ったのですが、以前よりも仕事が雑になっていたような感じでした。マンスリーコースに力を入れているからでしょうか。
バッハマンはこの店に行くときに一緒に調べたものです。嫁さんの実家へのお土産にしたのですが、嫁さんの両親も「こんな味のバウムクーヘンは食べたことない」と喜んでいました。

Posted at 22:03:53 2007/02/03 by SUZY

この記事へのコメント

kage

そう。そこです。
かれこれ2年ほどになるので、再訪したいです。
バウムクーヘンも欲しいですしね。

Posted at 17:54:10 2007/02/05 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。