2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:グルメ(山梨県) の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリー白州工場@山梨県北杜市

kage

2010/08/29 (Sun)

工場見学の楽しさ再発見! サントリー白州工場

もうすぐ学校の夏休みも終わりです。夏休みやお盆休みもあったので、あちこちに出かけていく機会も多かったのではないでしょうか。そして9月も連休や祝日があったり暑さも一段落することで、行楽やドライブへ出かける方も多いかと思います。そんな目的地のひとつとして最適な場所に山梨県北杜市のサントリー白州蒸留所の工場見学があります。

この看板がそこかしこに・・・

ここ最近、あちこちの工場を見学する社会科見学がちょっとしたブームになっています。無料で実際に物を作る現場を見ることができるうえにお土産や試食・試飲ができることが大きな理由かと思います。気軽なレジャーのひとつとして定着しているのだと思います。実施しているメーカー側でも自社の製品や取り組みを多くの人に実際に知ってもらうチャンスですから手を抜くことなく楽しませようとあれこれ工夫しているようです。

今回訪れたサントリーの白州工場は、そんな数ある工場見学コースの中でも長い歴史と実績があり、多くの見学者がある人気のあるものになっています。リゾート地としても有名な八ヶ岳山麓というロケーションも良く、半日のんびりと過ごすことができます。夏場はひんやりと涼しい別天地、秋は紅葉、冬は雪景色、春は新緑と四季折々の良さがありますが、共通するのは緑豊かな森の中に囲まれているので、数多くの野鳥がいることです。バードウオッチングの穴場としても有名なほどです。

この樽で熟成させるんです

工場見学・ガイドツアーは、午前10時から始まりますが、夏休みや連休時の土日などは込み合いますので、なるべく早めに向かうことが必要かと思います。我が家は10時前に駐車場に到着して見学コースのスタートは10時30分からのものになりました。なおこの見学コースは通常30分おきですが、混雑時は臨時に出ることがあります。また、見学の後にはアルコールの試飲がありますので、ドライバーは最初から最後まで「ドライバーなので飲めません」という札を首にぶら下げることになります。

工場見学までのちょっとした時間つぶしには、工場内にあるウイスキー博物館とファクトリーショップでの買い物がいいかと思います。博物館では日本の洋酒界を牽引してきたサントリー、昔の寿屋の歴史とウイスキーの製造工程などの解説がされています。斬新な演出はなく比較的オーソドックスな展示内容ですが、見学の下準備としては十分かと思います。

場所の名を冠して白州というブランドです

もうひとつのショップでは、工場オリジナルの商品や白州工場で作られる製品が色々と揃っています。チョコレートやナッツなどのおつままみ関係から白州のミニボトル、サントリー製のグラスなど比較的手頃な価格のものからけっこう高額のものまで揃っています。そうそう、グラスに関してはネットでクーポンを準備していくとお土産で無料でもらうことができますよ。

これが蒸留釜です

さて、時間になると20人から30人が1グループになって見学に出発です。最初は歩いて仕込みの工場へ向かいます。大きな仕込蔵を見た後は工場の心臓部ともいうべき蒸留釜の見学です。大きな銅製の釜は色々な形と大きさのものが鎮座しており、この形状の差により味に差が出て、この原酒を微妙な加減でブレンドすることにより多くのブランドができるということのようです。この光景を生で見られるというのが工場見学の醍醐味かもしれませんね。

樽を焼くことで独特の香りが出ます

この後は、バスに乗って移動です。まぁ時間は1,2分ですが、山の斜面に沿って工場が展開されているのでバス移動が楽ちんですね。バスで降りた場所で見るのはウイスキーを貯蔵するための樽、バレルの内部を焼いて香りをつけるリチャーという工程を実際に見ることです。実際は今では機械化されているそうですが、伝統的な手作業を見せることは演出面を含めて、会社をPRするには必要なんでしょうね。

その後はまたバスに乗って最終工程の貯蔵庫へ向かいます。大きな樽がびっちり整然と棚に並んでいます。その年代はマチマチで1980年とか1972年などの古いものもありますし、個人名義のものもあります。マイボトルならぬマイバレルですね。一樽50万からということらしいのですが、好きな人にとってはお金にかえられない魅力があるんでしょうね。そうそう、ここでの圧巻はその香りです。ウイスキーの芳香がムンムンとしていて、この香りだけで酔ってしまいそうです。

試飲はハイボールですよ

このあとはいよいよお楽しみの試飲です。大きなホールに集まって一斉に飲み始めます。大人の方々の顔がほころぶひと時ですね。アルコールとしては流行りのハイボールです。それも角瓶などではなく、白州10年をプレミアムソーダで割った「森香るハイボール」と呼ばれる特別なものです。って私が飲んだわけではないのですが、その味は普通のお店で飲むものより数段おいしいものだそうです。なおお代わりは白州12年を白州のおいしい水で割った水割りです。

アルコールを飲めないドライバーやお子様はなっちゃんオレンジか白州の工場内で作られているおいしい水になります。これはチェイサーとしても役立ちました。この水のおいしさこそがサントリーがこの場所に工場を建設した理由になっているそうで、近所の道の駅での湧水も日本のおいしい水100選に選ばれていますからね。なお、飲み足りない人は隣にバーもありますので、とことんまで飲みつくすことが可能です。雰囲気も良いですよ。また、このおいしい水を作る工場の見学も可能です。

レストランのカレーです

ここでお昼ちょっと前になったので、工場内にあるレストランでランチにします。普段ならこのような観光地内の場所では食べることはしないのですが、ネットの情報では下手なレストラン顔負けのおいしさとコストパフォーマンスの良さということでしたので試してみたわけです。さすがに夏休みのお盆ということで10分ほどウェイティングしましたが、比較的早くお店に入ることができました。このレストランはサントリー直営で、木の質感を生かした店内部分と森に囲まれたテラス席に分かれています。雰囲気重視ならテラス席かと思います。リゾートならではの楽しみがあるかと思います。

メニューは千円から2千円程度で、ちょっと高級なスキー場のレストランといった感じでしょうか。この店ならではのものとしてはハイボールやウイスキーの水割り、ビールに合わせたつまみが色々と揃っていることです。チーズや燻製のソーセージなどで一杯やるのはちょっとした贅沢な時間かなと思います。

ポークストロガノフです

我が家では夏野菜のカレーと限定品のポークストロガノフを頂きました。どちらも千円程度です。カレーには茄子やズッキーニなどの夏野菜のほかにけっこうな量のチキンのソテーが乗っており、けっこうなお値打ち感もあります。カレーも本格的な欧風で当たりの一品でした。

もうひとつのストロガノフは期待したほどのものではありませんでしたが、豚肉も柔らかくソースもなかなかのもので、料理のレベルの高さを知るには十分でした。こちらのレストランでお勧めは多くの方々が食べていたローストビーフかもしれません。レアで厚みもそこそこあり、見ただけでおいしそうでした。次回はこれを食べてみたいですね。そうそう、こちらのレストランだけを目当てにくる人がいるというのも納得できる満足感を後にレストランを出ることになりました。もちろんサービスもサントリー仕込みですからしっかりしておりました。

本当に多くの樽が並んでいます

と、無料でウイスキーのできる工程を実際に見学し、おいしいハイボールを試飲して、お土産にグラスまで頂くという大判振る舞いをしてもらう体験をすると、なるほどこの時代に社会科見学として工場見学が人気なのも理解できました。会社でも多額の経費がかかっても自社の宣伝、会社の内容を知ってもらうには格好なことなんでしょうね。損して得とれではありませんが、このような地道な活動が将来の優良な顧客の獲得に繋がっていくんでしょう。

こちらの工場の隣には大衆的なお菓子メーカーとして有名なシャトレーゼの工場(アイスの試食可)もありますし、小淵沢や清里などの観光地も近いということで、静岡から日帰りもしくはのんびりと一泊で遊びにいくのはぴったりかと思います。ドライバーの人はアルコールを飲むことができませんが、それを考慮しても一度は行ってみて損はないかと思います。さらにハイボールの講習会などの特別なイベントも随時開催しているので、それを目当てに行くのも良いかと思います。

我が家でもこの次はどこの工場見学に行こうかと考えているほど癖になりました。


サントリー白州工場

山梨県北杜市鳥原2913-1
0551-35-2211(9:00~16:30) 
工場見学 10:00~15:00 年末年始・工場休業日休み 

Casa Osano@山梨県河口湖町

kage

2007/07/29 (Sun)

隠れ家イタリアン発見! Casa Osano

と、いっても静岡県の話ではありません。静岡のお隣、山梨県の河口湖畔の住宅街の中のレストランです。このお店、ドライブ、特にデートでのランチにはぴったりなお店だと思います。

アサリのビアンコです。お皿もお洒落です。


隠れ家レストランというキャッチフレーズがありますが、ビルのテナントだったり、大きな通り沿いだったりと???の事がよくありますが、このお店の場合は正真正銘の隠れ家レストランなのです。

どうしてか?というと、大きめな普通のお家をレストランとして改装して使っているのです。しかも住宅地の中で看板も無いので探すのに手間取るかもしれません。目印はイタリアの国旗です。門にはオーナーの出身地である沖縄のシーサーがお客さんを出迎えてくれます。

沖縄のシーサーが出迎えてくれます


大きな玄関で靴を脱ぎ、左手のダイニングへ向います。大きな窓からきれいに手入れされた緑豊かな庭が望まれます。さらにマダムの趣味なのか大胆な生け花が雰囲気を盛り上げてくれます。テーブルセッティングなども控えめながらも趣味の良さが感じられます。和の中にイタリアのお洒落感が隠れています。

内装や、BGM、客層、空気感・・・などの色々なファクターは満足感を高める一因ですから大事ですよね。そんな観点から見ると、このお店は「ムムム、お主できるな」といったところです。しかし、最近は内装関係に味とサービスが追いついていない「なんちゃって系」「チェーン店系」「雰囲気先行系」が多いですから注意が必要です。

このお店のランチはパスタ主体の1,800円とセコンド(メイン)が付く2,800円の2種類です。パスタはオイル、クリーム、トマトベースの3種類から選べます。本日はメイン付きのコースを選択しました。

ここのパンはまいうーですよ


最初は、富士山特産の溶岩プレートに載ったグリッシーニとフォカチャが出てきました。こちらのシェフは何でも「粉物の魔術師」と呼ばれているとかで、自家製のパンやディナーに出す手打ちパスタが評判で楽しみにしていたのですが、果たして「おいしい~!」の一言から始まりました。最初の一撃は何事も大事ですね。

次は前菜です。イタリアンの前菜というと、アンティパストミストが多いですが、こちらはフレンチ形式の一皿にババーンと登場するタイプです。これは誤魔化しが効きませんからシェフの気合と器量がわかります。

彩りきれいな前菜です


今日は『地鶏の手羽先のムース自家製野菜添え』です。見た目はサラダですが、その下に結構な量のムースが隠れています。手羽先のムースは鶏肉のいやらしさよりもおいしさを生かしています。塩加減も控えめです。このムースと鮮度抜群の野菜、バルサミコ酢を使ったソースを一緒に口に入れると渾然一体となったおいしさを味わうことができます。フレンチっぽいのに素材重視の姿勢はやっぱりイタリアンだなぁと感じさせます。スターターとしてはこれからのお皿に繋がる物でした。

次は、パスタ。私は『夏野菜のフジッリクリームソース』、相方は『あさりのビアンコ』です。ランチは乾麺ですが、茹で加減はアルデンテで満点の出来でしょう。ここまでなら静岡市内のイタリアンでも出来るでしょう。が、味付けやソースの出来が違います。やはりプロは一味も二味も違うなぁと唸らせてくれます。これこそがレストランで食べる楽しみなのですね。

フジッリは、小さめの角切り夏野菜と食感が楽しいフジッリとの相性はもちろんのこと塩加減やクリーミーさが程よいソースとの相性が抜群です。まったり濃厚でなく比較的あっさりな出来なのに十分にクリームのおいしさが生かされています。ガツンとくるおいしさでなくジワジワと最後まで飽きないおいしさを感じさせてくれる一品でした。

ショートパスタもいけますよ


これを生かしている一因は野菜のおいしさでしょう。前菜でも感じましたが、周りはちょっと外れれば農業地帯。自家菜園や近郊の旬の野菜をたくさん使っています。これがおいしさに繋がっているとともに高原リゾートならではの強みでしょう。

もう一皿のオイルベースのものも軽さの中に、アサリの持つ磯風味のおいしさ、香りがギュと詰まっています。さらに驚いたのがワカメがパスタにマッチしていたことです。見た目は和風なのかな?と心配したものの、ちゃんとイタリアンしています。これはパスタと具を混ぜて乳化させる時にブロード(魚の出し汁など)を使うなどの一工夫があるからでしょう。どちらの皿も「おいしい!おいしい!」とうなずきながら、最後のソースまでパンでぬぐって完食してしまいました。

もっと大きくてもいいなぁ


メインは、『千葉館山産の金目鯛のポワレ季節の野菜ラタトィユ添え』です。このお店のランチメニューのメインは魚か肉のどちらかですが、魚の方が多いようです。その理由は館山の知り合いから魚の良いものが直送されるからだそうです。流通事情が良くなった現代ならではの事でしょう。金目鯛は良く食べている私たちでも満足できる味、焼き方でした。が、もう少し大きかったらなぁと思わずにはいられませんでした。この2倍はあってもペロリといけちゃいますね。

メインでも軽めの仕上がりですが、主張すべき所と抑える所をわきまえている料理の数々はコースを通して食べてみて満足のできるものになっています。濃い味、油っぽいイタリアンが好きな方には不満があるかもしれませんが、薄っぺらでない完成度の高い薄味の良さがわかるようになってきたオヤジには満足のできる数々でした。コストパフォーマンス的にはパスタコースの方がお値打ちかなと思います。

デザートもきれいです


食事の後の楽しみはデザート、ドルチェです。こちらのお店は盛り合わせ!。前菜でなくてこちらがこの手でやってきました。デコレーションは高得点ではないでしょうか。若い女性なら歓声があがるのではないでしょうか。専属パティシエがいるわけでもなくシェフが作っているのは驚きです。

この日はチョコケーキにバナナのセミフレッドにパンナコッタ。隣の鳴沢村の地のブルベーリーソースなどが使われています。味は、大人向けの甘さ抑え目、上品な味付けです。スイーツには重きを置いていない相方もおいしいと完食していたくらいですから。

カプチーノはハートがいいですね


これにコーヒーやカプチーノ、ハーブティーなどが付きます。ソムリエの資格を持つカメリエーレ、才色兼備のマダムのサービスもツボを押さえたものです。控えめながらもどのお客さんも楽しい時間を過ごしてもらおうという姿勢に好感が持てます。この辺りも良いレストランの条件のひとつですね。

と、小佐野さんちというそのままの名前を持つこの隠れ家レストラン、首都圏からのリゾート客、地元客を問わず口コミで人気を集めつつあります。もうすぐ開店2年になるそうですが、このままの感じでのんびりとこちらの場所で続けていってほしいものです。

静岡からの日帰りドライブのランチ、近くのホテルなどに泊まってののんびりディナーと、イタリアン、フレンチ好きには一度訪れてみて損はないと思います。リゾートは高くてそれなりのレストランしかないのかなと思っておりましたが、このようなレストランが探せばあるのだなとうれしく思った一軒でもあります。それとともに静岡市近郊でこのようなイタリアン、フレンチが欲しいなぁと思わずにはいられませんでした。


Casa Osano(富士急河口湖駅近く)

山梨県富士河口湖町船津3407-1
0555-73-1903 11:30~14:00 18:00~21:00(要予約)
火、水曜定休


中村農場@山梨県北杜市

kage

2006/10/13 (Fri)

至福の鶏肉と卵の食堂! 中村農場

山梨県の「清里、大泉方面でおいしい店知らない?」と、聞かれたら「中村農場へ行ってみな!」と自信を持って答えます。鶏肉が苦手な人、お洒落なお店で食事をしたい人以外気に入る事間違いなしだと思います。私もこの方面へ出かけたら必ずといっていいほどリピートしています。

これぞ本当の親子丼です


私と同じ意見の人が多いのか、この数年で人気もうなぎ登りで、店は大きくなるは、客待ちは増えるは、色々な雑誌やブログで取り上げれられるは・・・と、最初に訪れた時とは隔世の感があります。まぁ、安くておいしければ当然ですし、外食価格が高くて味もそれなりの土地柄ではなおさらです。と、大人気のお店ですので夏や観光シーズンの土日などは開店時間すぐか終了間際がおすすめです。

このお店の本職は養鶏農家です。それもこだわりの甲州地鶏や軍鶏、名古屋コーチンなどの銘柄鶏を主に扱っており、食事処の隣の直売所ではこれらの卵や鶏肉を販売しています。まぁ、最初はこの直売所がスタートだったのかもしれませんが、今では直売所以上に食事処が人気になってきたようです。

この食事処、けっしてレストランでも割烹でもありません。食堂もしくは簡易ドライブインといった素っ気ない雰囲気です。コンクリートの床に簡単な木のテーブルと椅子の内装は、「見た目よりも内容重視」「質実剛健」ですが、なぜか居心地が良いのです。これは壁に貼ってある手書きのPOPが和めるのとテーブルの配置がゆったりとしているからでしょうか。

かわいい鳥の絵が和みます


気になるメニューの2本柱は焼き鳥と丼ものです。焼き鳥は東京の焼き鳥専門店以上に内容豊富です。鳥皮や砂肝といったポピュラーなものからハツ、脾臓、ソリレスなどの養鶏業ならではの初体験のものまで種類豊富です。これらの焼き鳥はセットでも単品でもOKです。

この中から私のお勧めは「手羽元大」と「白レバー」です。ここの手羽元大は、本当に大きいです。白ヒゲじいさんのから揚げ屋くらいの大きさで200円は安すぎです。しかもジューシーでいて肉がムッチリと歯ごたえがあるのです。上手に焼いているため皮はパリッとしていてその中の弾力のある身とのバランスは最高です。こだわりの塩を使用しているのか味付けも食欲をそそります。私は密かにレモン果汁を持っていきます。これがまた合うんですよ。

隣の唐辛子と比べてみて!


白レバーは無い時が多いですが、あるかどうか確認するだけの価値があります。普通のレバーでもおいしいのですが、白レバーは格上というか数段上のおいしさです。上品な甘さとネットリ感でレバーが苦手という人でもすんなりといけちゃいます。

他の焼き鳥もおいしいのですが、焼き鳥だけを食べていると丼が食べられなくなるので注意が必要です。そんな丼の真打は親子丼です。しかも本物の親子丼なんです。巷では究極の・・・とか、こだわりの・・・と謳っている親子丼は数々ありますが、この店の親子丼ほど安くておいしいい親子丼は日本中探してもそうそう無いと断言したくなるほどです。

この看板に偽りなし!


この親子丼は鶏肉と卵だけを使っています。脇役のタマネギやネギ、三つ葉は入っていません。直球ど真ん中勝負です。これも鶏肉と卵が抜群においしいからできることなのかもしれません。鶏肉は胸肉やモモ肉はもちろんのこと、内臓の肉も入っています。柔らかなのに味が深いのです。食べてみてからわかる鶏肉の違いとおいしさに新鮮な驚きを感じます。おまけに量も80グラム以上は入っているでしょう。

これらの鶏肉をまとめる卵は黄色でなくオレンジ色に光輝いています。卵のとじ加減も絶妙です。トロトロ半熟とはこのようなことを言うのだなと納得する出来栄えです。見た目も味も今までの親子丼の概念を変えてくれます。最初の時に「どうしてこれほど卵がおいしいのですか?」と聞いたのですが「うちで売っている一番良い卵を使っているからでしょう」とのことで、1個200円の新鮮なL玉を2個使っているようで、卵だけで原価率半分ですから当然かもしれません。

この卵の黄色を見よ!


このように卵と鶏肉がおいしいだけならこれだけ人気にならなかったのかもしれません。それは、味付けが実に上品で良い具合なのです。みりんの変な甘さもなければ醤油のしょっぱさも前面に出ていないのです。鳥と卵を生かす最低限の味付けがボリュームたっぷりの丼を最後までおいしく食べられる秘密なのかもしれません。お年寄りの方でもペロッといけちゃう感じです。

このような夢のような親子丼が税別800円はお値打ち感たっぷりです。しかもどのお客さんも焼き鳥と一緒に、もしくは焼き鳥の後に親子丼を食べています。女性ならば手羽元大とこの親子丼のセットで満腹間違いなしです。別荘地に出没しているような高級車に乗っているゴージャスなご婦人もニコニコしながら木のスプーンで親子丼を食べている風景はミスマッチなながらも何故か微笑ましくなってしまいます。

見た目よりも実質本位で勝負です!


夜はまだ行ったことがないのですが、こちらもなかなか魅力的です。水炊きやすきやきなどの鍋ものや鶏のてんぷら、から揚げなどのメニューが夜限定で登場するのです。おまけにこちらの店はビールの種類が豊富なのです。国内メーカーではサッポロラガーやエビスの黒など4社のこだわり銘柄が、外国物ではメキシコのコロナやアメリカのミラー、アイルランドのギネス黒など各国のメーカーのものが10種類ほど揃っています。しかも値段が安いので下戸の運転手がいる人や近くに宿を取ってタクシーが利用できる人には天国かもしれません。

生産者が食堂を経営するパターンは最近では増えてきましたが、素材は良いが味付けがイマイチというものが多かったのですが、このお店は素材の良さ+味付け確かなうえにお値打ち感たっぷりと、観光地、別荘地という場所を考えても行く価値十分アリと断言できます。


中村農場

山梨県北杜市高根町東井出4986(旧大泉清里有料道路料金所近く)
TEL0551 47 5030 12:00~14:00  18:00~21:00
(オーダーストップはそれぞれ30分まで) 定休日 火曜日・水曜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。