2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:グルメ(長野県) の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ヶ岳農場@長野県原村

kage

2006/04/15 (Sat)

高原の農場へいらっしゃい! 八ヶ岳農場

これからのGWから夏にかけてはドライブやバイクツーリングにはぴったりの季節です。特に高原のワインディングや景色の良い道路は走って気持ちよいことこのうえないですね。

絶品のバニラアイスです


そんなドライブに欠かせないのが、おいしい食事や疲れを取ってくれるスイーツ、次の日からの食卓が豊かになるお土産です。今回は、お土産とスイーツがいっぺんに楽しめるスポットです。

八ヶ岳農場は、長野県原村にあります。長野といっても山梨との県境にありますので静岡からでも日帰りで十分楽しむことが可能です。もちろん泊まりで行けばのんびりと楽しむことも出来ますし、他の場所へ足を伸ばすことができます。最寄のインターは中央高速の諏訪南ですが、小淵沢から「鉢巻道路」という木立の中を走りぬける道を通っていくのもおすすめです。

こちらの農場は、広さが違います。ナント東京ドーム27個分といいますから想像を超える大きさです。農場といっても高原ですから牧場も備えており、どこか北海道ぽい雰囲気もあります。おまけにここは「八ヶ岳中央農業実践大学校」というアカデミックな施設が経営母体ですから、リゾートには無縁の合理的、実利的な農場で朴訥な雰囲気に好感が持てます。ピクニック用のテーブルや椅子がありますから、ここで一休みするのにもぴったりです。

こちらでの私のイチオシは、「バニラアイス」です。高原のこういったスポットではソフトクリームになりがちですが、ここではカップ入りのものです。

「な~んだ、カップ入りかよ!!」

と、桜塚やっくん風に突っ込みを入れたくなりますが、これがどうしておいしいのです。カップ入りと侮ってはいけません。コクがあるのにさっぱりしている、濃いけど後口がさっぱりとしているんですね。取れたて牛乳のおいしさがそのままアイスになっている感じです。それに大手メーカーの高級品のようなバニラ味の押し付けがましいところもありません。ひとりでペロリと食べちゃえます。

アイスのほかにオリジナルの商品は牛乳、チーズやパン、ケーキ、ソーセージなどがあります。牛乳などは牧場ならではの味ですが、価格を考えると無難な出来かなと思います。想定内の味ってことですね。この点でもバニラアイスが突出しているということです。

収穫祭


それからこのような施設では当たり前になったとれたて野菜の直売があります。ただ高冷地だけに晩秋から早春にかけては厳しいものがあります。その代わりに夏から秋にかけては高原のおいしい野菜が目白押しです。夏のハーブや高原野菜、秋のじゃがいも地のきのこ・・などなど南国静岡では余り目にすることのない野菜などもあります。また苗などもたくさんありますからガーデン派の方にもおすすめできます。

さらに高原のさわやかさが一番感じられる時に「秋のまるごと収穫祭」が開催されます。物産展やフリーマーケット、熱気球体験、体験場・・など、どこかアメリカのカントリーフェアのような雰囲気が味わうことができます。馬や羊、ヤギなどとふれられる機会もありますからお子さん連れの方にはぴったりだと思います。

収穫祭の時は熱気球も体験できますよ


こちらの農場は、蓼科方面への新しい橋も完成してアクセス、周回が楽になりましたし、雄大な八ヶ岳を望む気持ちの良いドライブルートの途中にありますから寄ってみて損はないと思います。観光地化された農場や牧場が多くなった現在、ホッとできる親しみとホスピタリティを感じることができると思います。


八ヶ岳農場(八ヶ岳中央農業実践大学校内 直売所)

長野県諏訪郡原村17217-118 
0266-74-2080 9時〜17時(土日祝8時30分〜)季節により変動あり
休業日 1月〜3月木曜休 他無休


ラ・ピュルテ@長野県諏訪市

kage

2005/11/13 (Sun)

諏訪湖畔に上品ケーキ発見! ラ・ピュルテ

長野県の諏訪湖周辺は温泉や夏の花火などで有名です。蓼科や松本方面へのドライブの途中に寄ることもできます。温泉好きの私にとっては日帰り温泉施設が豊富なところもうれしいですね。そんな諏訪湖の畔でおいしいケーキ屋さんを発見しました。

見た目は普通なのですが・・・


秋のケーキの定番といったら何と言っても「モンブラン」で決まりでしょう!どこのケーキ屋さんでも一番良い場所に大量にディスプレイされていますし、チラシやHPでも強力にプッシュしています。ケーキ好きの多くが色々な店のものを食べ比べて「どこの店のものがおいしい」「栗は日本の栗に限る」「この店のモンブランはちょっと変わっている」と侃々諤々です。

そんなモンブランの中でも上品な出来栄えで、まるで「洋風栗きんとんモンブラン風」といった趣で、私をとりこにしたものがラ・ピュルテhttp://www.la-purete.com/shop/index.htmlのものです。このお店、持ち帰りは当然のこと、イートインも出来て、おまけに朝9時から営業しているという使い勝手の良いお店です。

このお店のケーキの特徴は、ほとんどのケーキが季節限定ということです。モンブランも9月半ばから12月初め位までの季節物で、栗の季節が終わったら人気があっても終わってしまうのです。春はイチゴ、夏はベリー類・・と季節毎の旬なフルーツを使ってケーキを作っているのです。まぁこれはケーキという生き物を扱っていれば当然のことなのですが、定番のイチゴショートも春だけというお店は少ないのではないでしょうか。

そしてこのモンブラン。長野県は小布施の栗を使ったもので、軽くてあっさりした中に栗の甘みと旨みがギュと詰まっています。栗のペーストが薄い栗色で口の中にひとくち入れてみるとふわっと栗の香りが広がります。フランスの栗のペーストのこってりした濃いものが好きな人には物足りないかもしれませんが、和菓子の栗関係が好きな人にはツボにはまると思います。生クリームもカスタードクリームも洋酒を染み込ませたスポンジも丁寧に作られていて、量はほどほどでマロンペーストのおいしさを倍加させています。

大きな丸ごとの栗が隠れています


栗のケーキはモンブランのほかに一粒の栗を煮込んだものが丸ごと入った「マロンパイ」や「栗のティラミス」がありますが、やはりトドメはモンブランでした。

このお店、夫婦ふたりでやっているこじんまりとしたお店ですが、イーと員スペースもケーキや焼き菓子売り場も広々としていてのんびり買い物や一休みするのに最適です。奥様が丁寧に一杯づつ入れてくれるコーヒーとともにおいしいケーキを食べるのは小さな幸福ですね。これだけのケーキをひとりで作るのは大変でしょう。しかし、逆に考えれば夫婦2人だけでやっているからこそこの値段でケーキを出すことができるのでしょう。

ケーキ屋さんらしい店構えです


また、このお店はケーキだけでなく月に2回隔週の月曜日に天然酵母のパンを色々と焼いて店頭で販売しております。月曜日ということで食べる機会がないのが残念です。きっとクロワッサンとかヴィノワズリーとかがおいしいのでないかと思うのですが・・・。

ケーキは東京や神戸、もしくはデパ地下の有名店がおいしいとの評価がありますが、地方でも隠れたお店がまだまだあるのだと再認識させられました。

菓子工房 ラ・ピュルテ

長野県諏訪市湖岸通り4-4-7(片倉館近く)
0266-53-9155  9:00-19:00 火曜日休み
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。