2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:グルメ(食堂・洋食) の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sahiru17@静岡市葵区

kage

2010/09/26 (Sun)

つい応援したくなるカレー屋!Sahiru(サヒル)17

あちこちの飲食店やお店に出かけると、つい応援したくなるお店に出会うことがあります。小さくても頑張っているお店や日々精進しているお店、値上げしないで頑張っているお店などなど様々ですが、今回はまさにそんなお店になります。静岡市古庄のSahiru17、サヒル・イチナナというスリランカのカレー屋です。

3種類のカレーがのっていますよ

こちらのお店を応援したくなる理由は、手頃な値段でおいしいことという飲食店では当たり前のことだけでなく、店主の人柄の良さが大きな理由ですね。スリランカ出身のご主人サジットさんは日本語もペラペラで、普段は他の仕事をしつつお休みの木曜日と第一土曜日だけお店を開いているのです。この1か月に5日ほどしかオープンしないというレア加減というかハードルの高さは難点になるのですが、休みの日にカレー屋を開くという姿勢も応援したくなるのです。

このような形態だと片手間、趣味のお店と思われるかもしれませんが、これがなかなかどうして本格的なんです。メニューの種類は少ないですが、ひとつひとつの料理がスリランカの家庭料理を変に日本人向けにアレンジすることなく辛さだけを少々マイルドにしているだけとのことで、日本ではなかなか味わうことができないエスニックな雰囲気にトリップさせてくれるのです。しかもこのカレーのおいしさを少しでも静岡の人に知ってもらおうという心意気が自然な形で伝わってくるのもいいですね。

メニューはシンプルです

最初に行った時にはAコースの3種類のカレーがご飯にのったものをお願いしました。これで700円ですからお手頃です。ボリュームは男性だとちょっと物足りないかもしれませんが、そんな時にはご飯大盛りかサイドオーダーがおすすめです。あと、2種類のカレーにロティと呼ばれるせんべい状のものが2枚ついたものがあります。こちらも700円です。

この日は定番のチキンカレーに水菜のココナッツカレー、季節の野菜カレーです。これを単独でなく混ぜて食べてくださいと言われます。が、最初はそれぞれの味を確認します。一番辛いのはチキンです。鶏肉は臭みもなくよく煮込まれていてスパイスが馴染んでいます。インドカレーのようなギー(脂)がそれほど入っていないのも好みです。

チキンカレーが一番辛いですよ

この中で一番気に入ったというかめっけものだったのが水菜のカレーです。これはカレーというよりカレー風味のサラダというのが正しいようで、新鮮なシャキとした水菜にココナッツとスパイスの配合が最高です。私はココナッツ好きなのでなおさら気に入りました。

これらは単独で食べてもおいしいのですが、おすすめのように混ぜて食べることにより1+-1+1が4にも5にもなりますね。辛いものやそれほどでもないもの、ちょっと甘いものが複雑さを呼んでスプーンが止まりません。ここでわかるのがスパイスの香りの良さなんです。スパイスはその日に使うぶんだけをすりつぶしたり刻んだりすることにより芳醇で軽やかなものになるんですが、こちらのお店では、それをしっかりと実践しているということのことです。しかもそのスパイスもスリランカに里帰りした時に現地で購入してくるので現地の香りになるんでしょうね。

お店はできたばかりできれいですよ

1回目で気に入ったので、2回目を狙っていたのですが、予定が合うことがなかったのですが、先日の祝日がちょうど営業日になっていたのでイソイソとランチに行ってきました。この日は休みということもあってか次から次へとお客さんがやってきます。しかも小さなお子さんを連れている家族連れやママさんが多いのです。辛さを調節していないのですが、お子さんでもなんとか食べられるものということと、家で食べるカレーとは違うのはもちろんのこと、インドカレーとは違うヘルシーさも受け入れられる秘密かもしれません。あと大きなことは店主夫妻の接客の良さでしょうか。

今日もAランチです。チキンカレーに豆カレー、かぼちゃのカレーです。が、プラス100円を払うとチキンを海老に変えられるというのでお願いしました。これは滅多に作らないということが大きかったですね。あとは念願?のサモサに似たロールスも一緒にお願いしました。

海老カレーはプラス100円です

今日のカレーの主人公は野菜です。かぼちゃのカレーというかゴロッとした塊をスパイス味で煮たものはエスニックかぼちゃといった感じで惣菜屋さんで出てきても不思議ないほどです。もうひとつの豆のカレーはほうれん草と豆をつぶしたものを煮込んだもので、ねっとりとしていて辛さの中に甘さが十分に感じられます。こちらにもココナッツの香りがいいですね。

海老のカレーは小さな海老がたくさん入ったもので、チキンのように直接的なガツンとくるものでなく、海老の香りを生かす大人しめな味付けになっています。この魚介系のカレーは周りが海に囲まれたスリランカカレーの特徴のひとつで、サンマを炒めたものや鯛、イカなどシーフードを使ったものが色々出るそうです。あと肉類も禁忌食物がないので豚でも牛でもマトンでもOKです。今度はイノシシ肉を使ったものを出すそうです。

ロールスもなかなかのものですよ

さて、念願だったサモサに似たロールスはどうでしょうか。揚げ春巻きのような感じで紙袋に入ったものはサービスエリアで出てくるスナックのように気軽です。これは、ロティの生地の中にスパイスで味付けした鯖の切り身や玉ねぎを炒めたものが入っているもので、ピリッとした辛さが特徴です。

外側の生地のカリッとした食感に中から出てくるアツアツの具のハーモニーが良いですね。ビールのつまみにもカレーの箸休めでも合います。これだけお土産にするのもアリですね。このようなものを食べると、他のスリランカ料理も食べたくなってきます。南インド料理の流れを組む素材を生かした料理は日本人にも受け入れられる素地がありますから。

このお店はできて1年が経って近所の人やインド料理が好きな人に知れられてきたとのことで、次回の営業を待ちわびている人も増えてきたとのことです。店内はコンパクトですが、カフェのようにシンプルな内装とスリランカの風景を写した写真が雰囲気を盛り上げてくれます。インド料理屋にあるゴテゴテさがないのも印象をよくしていると思います。

スリランカの風景が心和ませてくれます

と、こちらのお店のネックは営業している日の少なさでしょうが、それを乗り越えて?もカレー好き、エスニック料理好き、スパイスが効いた料理が好きな人なら一度は訪れても損はないと思います。その時はカレーを食べるだけでなく、店主のサジットさんの手がすいた時にカレーのことやスリランカのことを色々と聞いてみてください。知らなかった国のことや料理のことが少しでも増えて親近感がわいてくるとともに自分の料理に関する知識が広がると思います。


Sahiru17(サヒルイチナナ)

静岡市葵区古庄4丁目2-13(上土保育園、ローソン古庄北街道店近く)
080-3284-7058 11:00~14:00 17:00~(ラストオーダー20:00)
※毎週木曜に営業 (定休日ではなく、営業日です。ご注意ください。)


とんかつ三笑@静岡市葵区

kage

2010/01/24 (Sun)

揚げ物オールスターズ とんかつ三笑

食べ物屋の評論、口コミでは専門店の方が高評価になることが多いようです。確かに専門店はメニューも限られているだけに厳選した素材を、眼光鋭い職人さんが料理していることが多く唸ることも多いことは確かです。が、その反面値段が張ったり敷居が高くなることも多いのが現状です。しかし、値段が手頃でメニューが豊富な使い勝手の良いお店には専門店にない良さがあります。今回のとんかつ三笑は、まさしくそんなお店だと思います。

カキフライ定食です

こちらのお店は静岡市のナイトシーンでは一番賑やかな両替町にあります。しかも雑居ビルの奥にひっそりとあるので、フリ客はほとんど来ないのではないかと思います。しかも平日のランチタイムでもお値打ちのサービスランチはありません。が、昼も夜も多くのお客さんが色々なメニューを楽しんでいます。

今日は冬ならではのカキフライを一番の目当てにやってきました。定食で1,380円と値段はちょっと張りますが、それだけのことはあると思います。今シーズン5回目のカキフライになりますが、一番の出来栄えでした。カキフライのおいしさの基準は牡蠣特有のおいしさ、ジューシーさをいかに美味くフライという手段によって昇華させることができるかということになるかと思います。このことはとんかつも同じことがいえるのでしょうが、牡蠣のように水分が多いものの方が料理人の技量が問われると思っています。

カキフライの季節には是非

果たして、こちらのものはその点では合格といえるかと思います。中の牡蠣はレア状態を保ってプリッとしていますし、旨みもしっかりと残っています。しかも細めのパン粉は極薄とはいえないまでも程々の状態ですし、なによりカラリときれいに均等に揚がっているのが良いですね。私は牡蠣料理にはそれほど思い入れがないので、おいしくないと積極的に食べないのですが、こちらのものならまた食べたいと思いましたから。

このカキフライをより盛り上げてくれる名脇役が、自家製のタルタルソースに付け合せのポテトサラダにキャベツの千切り、ツヤツヤに炊きあがったご飯に出汁がちゃんと効いている味噌汁に漬物です。特に自家製の滑らかなポテトサラダに上等の米を使ったと思われるご飯が気に入りました。定食屋、丼屋さんにはこの点も重要ですよね。

カツサンドがいけます

もうひとつはカツサンドをオーダーしました。このカツサンド、好きなんですが置いてあるお店は少ないですからメニューに載っているとつい頼んでしまいます。これは繁華街だけにお土産需要もあってメニューに載っているのかもしれません。が、お土産にするには勿体ないほどのおいしさです。

値段は780円です。これならビールのつまみや〆の一品としても丁度良いかと思います。こちらのカツサンドはトーストしたパンに薄めの辛子の効いたソースに浸したカツが2枚挟んであります。つけ合わせはキャベツの千切りです。パン、カツ、キャベツが三位一体になったおいしさは、ご飯で食べるとんかつとはまた違った趣があると思います。パン屋でもカツサンドはありますが、やはり揚げたてのカツで作るカツサンドはひとつもふたつも上の感じがします。

上カツ丼ですよ

次の訪問では好物のカツ丼を食べてみました。丼ものがカツやエビフライ、チキンカツ、親子など各種そろっているのも三笑の利点のひとつだと思います。おまけに値段が上で1,050円とお手頃です。上と並の違いは肉の厚さです。上になるとけっこうの厚みがあります。もちろん私は上をお願いしました。こちらのカツ丼は普通のカツ丼とはちょっと雰囲気が違います。

普通のカツ丼はカツを卵でとじるのですが、こちらは揚げたてのカツの上にたまねぎの卵とじ、普通に言うところの卵丼の具を掛けてあります。その理由はカツがグニャ、しんなりとするのを防ぐためとか。これは好き嫌いがあるのでしょうが、たまにはこの手のカツ丼もいいですね。カツはカラリと揚がっていますし、豚肉のキモである脂の旨みがしっかりと感じることができます。

けっこう厚みがあります

特に端っこの卵とじが余り掛かっていないサクサクのカツの部分を食べるとわかります。これに備え付けのソースを掛けてソースカツ丼として楽しむことができるのがうれしいですね。一挙両得というか一度で2度楽しめる、なかなかのアイデアカツ丼だと思います。卵とじの具も汁も好みの味付けです。静岡ローカルの甘さはありますが、それほどしつこくないのも好感が持てます。このカツ丼は人気があるのか、この日はけっこうな人がオーダーしていました。

この他にも、こちらのお店にはとんかつやひれカツの定食はもちろんのこと、カツカレーやポークソテー、しょうが焼き、鶏のから揚げ、オムライスなどの定食類の他に一品500円で串カツやはんぺんフライなどのつまみ類も充実しています。下手をしたら大衆食堂並みにメニューは豊富かもしれません。が、どれもが丁寧な仕事でしっかりと作っているのがわかります。しかも厳選素材とかこだわりの○○でなく、ごく普通にさりげない姿勢が良いですね。

ビルの奥にひっそりとあります

お店はカウンター主体で、店内も多少古さを隠せないですし、新聞や週刊誌が置いてあるなど高級感とは無縁ですが、逆にそれが入りやすさにつながっていると思います。東京など大都市ではこちらのようなお店は、繁華街やオフィス街のあちこちで見かけますが、静岡では探すとなかなかないのが現状です。昼は周辺の銀行員や会社のサラリーマンが、夜はガッツリと食べたい男性や、軽く飲み食いにくるおじさんなど男性比率が高いお店ですが、ネットやメディアで宣伝していなくても、しっかりと固定客を掴んでいるのは歴史とともに料理にブレがないからだと思います。女性も積極的に質実剛健なこの手の店に来てもいいかと思います。

私もそうですが、最近の風潮として専門的な料理屋やこだわりを追及しているお店や、輝かしいキャリアを誇るシェフや料理人ばかりにスポットを当ててしまいがちですが、不確実で質と量の両立を求めている現代においては、こちらのお店のように、普通だけど、いついっても、誰がいっても、どんな目的でいっても平均以上の物を平均以上のサービスでお手頃の価格で食べられることが重要ではないか?と思うようになりました。俗に言う「普通においしい」ということだと思います。昔ながらの老舗だけど敷居が高いわけでなく、気軽においしいものがサクッと食べて飲めるお店って、ある意味貴重な存在なのかもしれません。隠れた名店というのはこのようなお店のことを言うのかもしれません。

P.S.近所の三笑亭とは大昔は少しは関係があったそうですが、姻戚関係も師弟関係もないそうです。私も勘違いしていました・・・。

とんかつ 三笑(三笑とんかつ食堂)


静岡市葵区両替町2-5-7(ドンキホーテ、青葉公園近く) 
054-252-1522 11:00~14:00、17:00~21:00 日曜日休み

さくらい@島田市

kage

2009/11/01 (Sun)

自分のお好みメニューを見つけよう!さくらい

地元では有名で人気があるのに、それ以外の地域ではそれほどの知名度がない飲食店というのがけっこうあります。情報、ネット社会の現在は昔ほどではないにしてもまだまだ隠れた名店が存在するものです。今回の島田市のお好み焼き・さくらいはそんなお店なのかもしれません。

大きな鉄板で焼かれます

このお店は、30年以上の歴史がある老舗で近所の人や会社員、島田市内へ通う高校生など常連さんに支えられています。お店で食べる人が多いのはもちろんのこと、電話予約してからのテイクアウトの人も多く、夕方のお店の鉄板は焼きそばやお好み焼で賑やかなことになっています。そう、こちらは全ての品がお店の人が焼くシステムなんですね。 

関西風の粉モンといったらお好み焼きが代表的ですが、それよりも私が一番好きなものははモダン焼きです。ちょっと変わった選択かもしれませんが、お好み焼と焼きそばの良い所取りな感じがするのです。どちらもいっぺんに食べることができる欲張りなメニューなのかもしれません。

ソースと

モダン焼きにはシンプルな豚玉と豚肉に海老とイカが加わったミックスがあります。やはりミックスの方が材料が豊富だけにおいしいですね。ちなみに並盛りで850円、大盛りはプラス150円です。この値段はちょっと高めですが、けっこう大きめな具がゴロゴロと入っているので仕方がないのかもしれません。昨年の初めくらいの原油とか小麦粉など諸物価の高騰の折に全品100円程度値上がりしたんですよね。それがなかったらコストパフェオーマンス抜群だっただけにちょっと残念です。

さて、こちらのモダン焼きの特徴は、良い意味でのジャンクさ、コテコテさだと思います。味付けが濃い、はっきりしていているのにしつこくない、ガシガシと食べることができて大盛りでもペロッと完食できてしまうのです。その理由は、自家製ソースのおいしさでしょうか。トマトケチャップのような赤っぽいものとドロッとしたソース、さらに追い打ちを掛けるように最後に塗られるマイルドなマヨネーズ。これらが複層、重層的、三位一体的に効いているのです。

中の焼きそばがおいしいんです

この濃さを受け止めるメインである焼きそばの麺自体も太麺のモチッと弾力感のあるもので、細くてゴワッとしている富士宮の麺とは対極にあるのかもしれません。典型的な大阪、関西風のもので、ソースにはぴったりなものだと思います。と、焼きそば単体で食べてもおいしいのですが、更にグレードアップしてくれるのが、巻かれているクレープ状のお好み焼です。シンプルに焼かれただけなのですが、単調になりがちな焼きそばに良い意味での変化を与えてくれるのです。これに目玉焼きが加わるのですから、こちらも三位一体の旨さにつながるのです。

お好み焼屋というと、お好み焼に焼きそばがメインになりますが、鉄板焼きという大きなジャンルになりますので、それ以外のメニューにも心惹かれるものがあります。特にこちらの店は会社や官庁が周囲にありますのでサラリーマンの憩いの場所という側面もあります。夜は飲み屋代わりにつまみでビールを一杯という人でにぎわっています。もちろん家族連れや若い人のグループ客も多いのですが・・。

これもこちらの名物ですよ

アルコールにぴったりで人気のあるのが『玉子巻き』なるメニューです。関西風オムレツといったところでしょうか。プロの技でクルックルッと見事に大きく広げたフワフワッの玉子焼きに海老やら豚肉やらカキなどの具を巻いていくのです。単純で家でもできそうなものなのですが、食べてみるとちゃんとプロの仕事なのがわかるのです。素早く的確に豪快かつ繊細でないとなかなかこうはならないのではないかと思ってしまいます。

この日はオムレツ定食なるものを注文してみました。これは、牛肉の細切れとたまねぎが玉子巻きになっているものでご飯と味噌汁がセットされます。このメニューは単品ではないものですが、その理由はご飯に合う具だからかもしれません。この組み合わせはまさしく洋食のオムレツそのままなのですが、例のソース3種と香りが良い調味油の具合などからしっかりとお好み焼屋のオムレツになっているのです。ご飯の上に乗せて丼のようにかきこむのがおすすめです。

定食ものも充実しています

こうなってくると、他のメニューも気になってきます。山芋が入ってフワフワでいてしっかりと焼けているお好み焼や焼きそばもおいしいのがわかっているのですが、それらは家でも食べることができますし、他の店でもメインを張っています。こちらの店にはご飯の上に生野菜と揚げ玉の上にハーフサイズのお好み焼と目玉焼きが乗ったお好み焼丼なるものも気になりますが、今日は豚肉のソース焼きのを定食にして注文してみました。こちらも先の定食も900円です。

これは全くのノーマークだったのですが、カウンターの隣で食べていた人のものがあまりにもボリュームたっぷりでおいしそうだったので思わず「あれは何ですか?」と聞いて注文したのです。目玉焼きがプラス30円でトッピング可能なのでもちろんお願いしました。カロリーは高そうでしたが、誘惑には勝てませんでした。

豚肉のソース焼きですよ

この豚肉のソース焼きとは、ザク切りのキャベツ炒めの横に豚肉のロース肉を例のソースを主体に焼いたもので、豚焼肉定食といっていいかもしれません。が、普通の定食屋や食堂のような辛めのタレ焼きとはまた違った独特のおいしさがあるのです。これも単純な料理なのですが、ちゃんとさくらいワールドになっているんですね。キャベツの炒めたものにはマヨネーズが、豚肉にはソースが塩梅良くマッチしているのです。これに半熟の玉子が華を添えるという格好なのです。

これらのどれもがおいしくなる秘訣はなんといってもベテランのご主人のコテさばきでしょう。自分でお好み焼を焼くスタイルの店も多いですが、やはり毎日毎日大量にプロ仕様の厚い使い込まれた大きな鉄板を使いこなして焼かれると一味もふた味も違ってくるのだと思います。眼光鋭く寡黙なご主人はまさに鉄板職人といった感じなのです。このご主人の息子さんが藤枝の駅南で支店を開いているのですが、同じメニューを頼んでも島田の店の方が一枚上手なのです。

それから、素材の良さとオリジナルの調味料のおいしさもあるのだと思います。こだわりの○○産の肉だとか海老だとかはないのですが、値段に見合った素材が使われています。この手の店では海老やイカが臭かったなんてこともあるのですが、こちらの店のものは麺や生地をよりおいしくするものが使われていると思います。具ひとつひとつの大きさが豪快なのもいいですね。それから各種ソースや焼き油の独特なおいしさは先に書いた通りです。

路地裏の名店だと思います

と、このお店は庶民派関西風お好み焼屋、粉もん屋として食事だけでも良し、居酒屋風に楽しむのも良し、テイクアウトして家庭で食べるのも良し・・・と使い勝手の良い店だと思います。カウンター席も6席ほどありますからひとりで入るのも問題ありません。まぁこれは男性客の特権かもしれませんが・・・。

最近では富士宮焼きそばや各種B級グルメだとか粉もんに関しては賑やかな状況になっていますが、こちらの店は今も昔も変わらないオーソドックスな関西風のお好み焼きや焼きそばなどの安定的なおいしさと、広島焼きや豚肉のソース焼きなど新しいメニューを増やす努力も相まって、安心して色々なメニューを楽しむことができると思います。ちなみにどのメニューも600円から1,200円ほどまでです。トッピングや組み合わせもたくさんありますから好き嫌いのある人でも大丈夫ですよ。


お好み焼 さくらい

島田市扇町11-14(島田市役所近く)
0547-37-6777  11:30~13:30 16:30~20:30 日曜祝日11:30~20:00
水曜日休み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。