2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:グルメ(フレンチ・イタリアン) の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22(VENTY DUE)@静岡市葵区

kage

2009/11/29 (Sun)

一枚入魂のピッツァ! 22(VENTY DUE)

ここ数年間、静岡県内の食のシーンが面白くなってきたとよく聞きます。このひとつの要因に、静岡県内外、特に東京や関西の有名店でしっかりと修行した人が静岡県に戻ってきて(やってきて)お店をオープンしたということがあると思っています。今回の22(ヴェント ドゥエ)もまさにそんなお店の一軒だと思います。

マルゲリータです

こちらのお店は開店してからまだ1ヶ月ほどしか経っておりません。が、満員御礼の日もある人気のお店になっています。その理由に本格派のナポリピッツァ、もちろん石釜で焼かれたものが食べられるからです。今では静岡県内のイタリアンやピッツァリアで石釜焼きのピッツァが食べられますが、なかなか私がうなるようなものに出会えていなかったのが現実でした。

このお店のピッツァは基本中の基本のもの3種類しかメニューに載っていません。おまけに1日30枚しか仕込みません。これは、ピッツァイヨーロ(ピッツァ職人)のご主人のこだわりであり、哲学なのでしょう。今までの静岡の食事情ではこの潔さが裏目に出ることもあったのでしょうが、この3種類だけでもお店が成り立っていくとしたら、東京並とはいえませんがかなり成熟してきた証だと思います。素直に喜びたいですね。

ピッツァのメニューです

最初の訪問ではマルゲリータをいただきました。焼き始めから1分ほどで運ばれてきました。写真を撮るのももどかしく切り分けてかぶりつきます。真ん中の薄い部分は、トマトの酸味、モッツァレラチーズの溶けた塩気と旨み、バジルとオリーブオイルの香り、さらにドゥの粉の味が渾然一体となったおいしさが一度に押し寄せてきます。アツアツなので火傷に注意して食べなくてはいけません。

コルニチョーネがおいしいです

真ん中の次はいよいよナポリピッツァで私が一番好きなコルニチョーネ(額縁)の盛り上がった部分です。まさに基本通りにもっちりムッチリしていてたまりません。下や上の部分の焦げの所、薪で焼かれているからこその焦げ味、香ばしさも最高です。なによりピッツァは小麦粉と塩、水、酵母というミニマムな要素で出来ているシンプルさ微妙なバランスの上に成立しているのがよくわかります。まさに職人が作るからこそ出来る料理といえるかもしれません。

この日はカウンターで食べたのでじっくりと焼きの工程を見ることができたのですが、生地は木の箱にしっかりと入れられ、注文を受けてから丁寧に素早く大理石の上でトッピングが乗せられてから釜に入れられます。さらに一度に一枚しか焼きません。それも微妙に位置や火の調整をして仕上げていきます。その間は1分もかからないでしょう。まさに時間との勝負です。

大理石の上で伸ばします

ピッツァの焼きというと、テレビでよく見る空中に放り上げてクルクル回したり、モザイクタイル張りの大きな石釜に何枚もピッツァを並べる派手さが思い浮かびますが、こちらのものはいたって地味です。トッピングも必要最小限、石釜もシンプルなものです。が、このシンプルさ、単純でいながら奥深いものがナポリピッツァの真骨頂なのかもしれません。ローマ風のカリッとしたものよりも私はモチッとして粉の旨さが味わえるナポリに軍配を上げてしまいます。

このお店の隠れた人気メニューにエスプレッソがあります。最近では色々なお店に自動で抽出するエスプレッソマシーンが置かれていますが、こちらのお店のものはマニュアルで抽出するものです。これも機械任せでなく腕の差がストレートに出てくる面白さと楽しさがあると思います。うれしいことに一杯250円という気軽な値段です。

これが噂のマシーンです

こちらのエスプレッソは最初から砂糖がちょっと多めにカップの底に入っています。そこに注がれるコーヒーは濃い目ながらまろやかながら旨みもちゃんとある飲みやすいものです。苦いとエスプレッソを遠慮していた人にも問題なく飲むことができると思います。カップもコーヒー豆の会社の看板もかわいいので注目ですね。

1回目のピッツァが良かったので相方を連れて2度目の訪問をしてきました。今回の狙いはもちろん残り2種類のピッツァの制覇です。今回は、ピッツァの前に前菜をお願いすることにしました。こちらのお店ではプロシュートやサルミ、マリネやフリットなどがあります。本場ピッツェリアと同じようなメニュー構成で気軽なものがほとんどですね。飲み物はビールやワインなどが揃っています。

ゼッポリーネです

今回はナポリではおなじみというナポリ風のモチモチ揚げ「ゼッポリーネ」をいただきました。これはピッツァの生地に似たものに青海苔を入れて揚げてあるものでけっこうな塩味がします。この塩気がビールや辛口のワインに合うですね。ただ、ちょっと粉っぽいというかザラッとした食感がイマイチな感じで残念でした。最後はちょっと飽きてしまいました。タコのトマトソース煮にしておいた方が正解だったかもしれません・・・。

マリナーラです

次は、いよいよピッツァです。最初はマリナーラです。これはナポリピッツァの中興の祖?と呼ばれるもので1750年頃からあるといわれています。こちらにはピザには付き物のチーズは乗せられていません。が、それでもおいしいんですよ。トマトソースの旨みと甘みにオレガノやニンニクチップのピリッとしたアクセントが非常に効果的に効いています。

が、今日の生地は先日のような香ばしさ、クリスピーさに一歩及ばないように思いました。モチッフワッの食感と小麦粉の持つ力強い旨さが相変わらずなのですが、薪で焼き上げるからこその香りの良さが足りないように思いました。この辺りの加減とか日々の変化はピッツァのような発酵熟成させる生地と石釜焼きという職人技に任さられる部分が多い一皿の難しさかもしれません。偉そうなことを書かせていただければ毎日同じように高レベルを保つのがこれからの課題かもしれませんね。

ビアンカです

最後はビアンカです。これは主人が修行した東京の老舗ピッツェリアSではなかったもので、トマトソースを使わずモッツァレラとペコリーノの2種のチーズを載せたものです。チーズの旨さとコクを味わうものといえるかもしれません。見た目は名前通り白いですね。

切り分けて食べるとチーズの伸びが凄いです。トローリと溶けるチーズはやはりいいですね。で、味は最初はおいしいのですが、段々と塩辛さが勝ってくるように感じてきます。重いといっていいかもしれませんが、バランス的に微妙なのかもしれません。単調というか、2種のチーズの良さが相乗効果を生んでいないように思いました。

石釜ですよ~

と、ピッツァに関しては奇しくも食べた通りのマルゲリータ、マリナーラ、ビアンカの順にお気に入りになりました。まぁこれは好みもあるのでしょうが、やはりナポリピッツァの定番中の定番のマルゲリータというのは偉大なる発明品だなと思わずにはいられません。しかし、他のピッツァを出す店のようにシラスとか海の幸とかキノコなどなどトッピングがないシンプルな故に誤魔化しのきかないピッツァの基本的なおいしさと楽しさを味わうことができると思います。

このお店は、主人が目指すようにひとりでもグループでも気軽にピッツァを楽しめる場所だと思います。前菜からピッツァ、ドルチェとコース仕立てにしても良いですし、フラリと立ち寄ってカウンターでピッツァとビール、〆にエスプレッソを楽しむのにも最適です。

夜しか営業していませんよ

東京の老舗とナポリのピッツェリア22で修行をしてきた主人の焼く、本場のピッツァは「これぞ!本物のナポリピッツァだ! ボーノ!」と叫ぶような大袈裟なものでなく、「うん、これこれ、この薪の香りと焦げ、小麦粉の味がちゃんとする生地のおいしさとトッピングのバランスの良さがナポリピッツァだよね」と、食べた後からジンワリと旨さと笑顔が訪れてくるものだと思います。静岡でも東京と同じようなレベルのピッツァが食べられる幸せを素直に喜びたいと思います。


ピッツェリア 22 VENTY DUE

静岡市葵区鷹匠3-21-20(静岡大成高校、静鉄日吉町駅近く)
054-260-4522 18:00~21:30 日曜日休み

ラ・ピエトラ@静岡市葵区

kage

2008/08/10 (Sun)

期待の新星、現れる! ラ・ピエトラ

残念ながら閉店しました。ご注意ください。

オリンピックも高校野球も「期待の新星」「ダークホース」というホープが現れてファンを喜ばせてくれます。これは外食産業でも同じことです。静岡市でもイタリアンやフレンチのお店が続々と登場していますが、名前倒れや期待外れ・・・と、なかなか我が家のツボにはまるお店がありませんでした。が、今回のラ・ピエトラは久々に成長が期待できる、人気化しそうなイタリアンのお店だと思います。

あさりのパスタですよ

このお店は静岡市街地のちょっと外れの駒形通りに今年の6月に出来たばかりです。フリーペーパーや食べ歩きのブログでの高評価により気になっていたのですが、今回ランチに訪れてみて「もっと早くくるべきだった!」「これならディナーにまた来たい!」と、満足感に浸りました。ただ、気になったのはサービスが遅かったことです。まぁこれはイタリア時間と思えば許せるのですが、ランチに2時間近く掛かりましたので、時間に余裕を持ってお出かけすることをお勧めします。ただ、お店のブログを見たら新しいアルバイトの子が入店したということですので今は改善していると思います・・・。

ランチは、パスタが主体のものとメイン(セコンド)がついたものがあります。今回は相方とひとつづつオーダーしました。最初はアンティパストミストです。これはどちらのコースも同じものです。内容は「トリッパの煮込み」「海鮮マリネ」「桜海老のフリタッータ」です。イタリアンでは定番中の定番のものばかりです。が、これが、他の静岡市内のイタリアンとは一味も二味も違っていてうれしくなりました。

前菜の盛り合わせです

「トリッパの煮込み」は、夏らしくジェノベーゼソースで仕上げてあります。下処理も十分でトリッパのコリコリ感が上手に生かされています。「海鮮のマリネ」はムール貝、イカ、海老、カニが少しづつきれいに盛られています。味付けは控えめでポイントアップ、素材は刺身に食べられるほど良いものを使っててあり更にポイントアップです。もうひとつのフリタッータも、地元の食材の桜海老を上手に生かしてあります。こちらも味付けは控えめです。と、全体的にスターターとしては十二分に合格点です。おざなりの前菜を出す店が多い中、これくらいのものを出してくれるとこれからの皿に期待が持ててきます。

ぷっくりとしたあさりです

パスタは2種類の中から選ぶことができますので、当然の如く相方とひとつづつ選びました。ひとつは浜名湖産のあさりのパスタ。こちらも良質の大振りなあさりがうれしくなってきます。パスタは乾麺のスパゲティーニですが、茹で方もオリーブオイルの乳化の仕方も好みに合っていました。もちろん塩梅の具合も気に入りました。あさりから出る出汁と旨みを生かす味加減だと思いました。見た目は普通なので家庭で出来そうですが、やってみるとなかなか出来ないプロの仕事振りを垣間見た思いがしました。

シチリアのマンマの味です

もう一皿のパスタは「カサレッチェ・トラパネーゼ」です。これはシチリア特産のカサレッチェという珍しい乾麺を使ったもので、こちらも見た目はシンプルです。この麺は初めて食べるものですが、長さは10センチ程度で断面がS字になっていておまけにちょっとねじりもある不思議なものです。さすがパスタの本場イタリアです。まだまだ知らないパスタがいろいろありそうで、このようなものが食べられるのもレストランの楽しみの大きな要素だと思います。

おまけにシチリアの町トラパニ風という名のソースがいけてました。トマトベースですが、そこに松の実やバジル、隠しにんにくなどが加わって味に深みがあるのです。かの地シチリアではマンマの味なのでしょうが、ここ静岡ではプロならではの味だと思いました。次回はシチリアパスタの王道イワシとウイキョウのパスタを食べてみたくなりました。

けっこうボリュームありますよ

メインは肉を選択。今日は富士宮の朝霧豚をタリアータしたもの。ソースはバルサミコとこちらも王道的なものです。量もランチとしてはたっぷりめで150g近くあるのではないでしょうか。最近のブランド豚肉はおいしいですが、それをさらにおいしく昇華させる技量は確かなものがあると思います。この辺りはさすがイタリアで1年半、東京のシチリア料理の名店ダ・ニーノで同じく1年半修行しただけのことはあると思います。

さらにこれを確信したのは、付け合せのカポナータを食べた時です。基本の技術がちゃんとできるから出来る仕上がりです。「良い素材」+「確かな技術」=おいしい一皿。この当たり前のことが静岡の外食ではなかなか体験できないから貴重です。シェフと話をしたところ「静岡県は素材の宝庫。特に海のものに関しては駿河湾のものは種類が豊富でやりがいがある」と言っていましたが、イタリアでも海の幸にかんしては屈指のシチリアやリグーリアで修行してきただけに説得力があります。次回は魚料理メイン、アラカルト攻めでいきたいものです。

デザートドルチェです

イタリアンやフレンチの楽しみのひとつというかけっこう大きな部分をデザートが握っていると思います。こちらのお店は盛り合わせといった目で見る楽しみはありませんし、ケーキ専門店を凌駕している質の高さもなく「シンプルさ」「普通のおいしさ」的なデザートです。今日はバニラアイスでした。

濃い目もあちら流です

デザートは普通でしたが、コーヒー、エスプレッソは好みに合っていました。おまけ的な薄いコーヒーや余り良くない豆を使ったエスプレッソを出す店が多い中、このお店のものは専門店顔負けの濃さと香りを持っていました。前菜から〆のカフェまでの量と質を考えると、このお店のコストパフォーマンスは高いと思います。頑張っているなぁと思わざるおえません。

お洒落な外観ですよ

と、このお店、魚好き、料理好き、基本的技術力、素材重視の姿勢・・・から、間違いなく静岡市のイタリアン好きの注目を集めていくと思います。オーナーも積極的にワイン会や食事会を開催していくようですし、「店が客を育て、客が店を育てる」という格言の通り、お客さんがあれこれ静岡の食事情や隠れた食材などのことでコミュニケーションをとったり、お任せで魚料理のオーダーをしたりしていけば、静岡では数少ない旬の素材を生かしたメニューが黒板を飾る「黒板メニューの店」や話題の地方で頑張る「地産地消のイタリアン」に発展していくと思います。

P.S. 1回での訪問での記事アップは少しためらいも感じましたが、丁寧の仕事ぶりからも次回以降も平均点以上の満足感は得られるのではないかとの思いと、新しいお店を早く多くの人に知って欲しいとの願いから今回の記事となりました。お盆期間中も営業するそうです。


ラ・ピエトラ

静岡市葵区駒形通1-1-30(常盤公園近く)
054-253-2606   11:30~14:00(OS) 18:00~22:00(OS)
水曜日休み


旬欧亭@伊東市

kage

2006/01/20 (Fri)

温泉地の庶民派フレンチ! 旬欧亭

シェフが変わりました! このレポートは以前のシェフの味を基に書いたものです。ご注意ください。

伊東は熱海と並ぶ伊豆の大温泉地です。最近では本家伊東市街地の伊東温泉よりも南部の伊豆高原ばかりが注目を集めておりますが、オヤジとしてはちょっと寂れた伊東温泉に注目していきたいものです。

真鯛のポワレ


そんな伊東市街地の外れに観光地とは思えない良心的な庶民派のフレンチレストランがあります。「フレンチ」というよりも「欧風家庭料理」「ビストロ」といった感じでしょうか。

観光地、リゾートのフレンチというと、コース料理主体の「見た目重視」「味はそれなり」「一見客ばかり」という感じのお店が多いのが実情です。安くておいしいものはほとんどなく、それをはねのけておいしいものを食べようとすると値段がけっこう(凄く)掛かってしまいがちです。

そのような観光地のレストラン事情の中で、このお店は救世主のような存在です。お店は伊豆急行の南伊東駅のまん前にあります。駅といっても高架の駅舎、しかも駅前には何も無いあっさりとしたものですので車で行く場合は注意が必要です。周りは温泉ホテルなども散見されますがほとんどが住宅です。テナントビルの目立たない一角ですし、まさに地元民密着、隠れ家といった趣です。

目立たない外観と同様に、お店の中も暖かい雰囲気を持つあっさりとした質実剛健な感じです。豪華な内装ではありませんが、木の質感を生かした居心地の良さがあります。これはオープンキッチンの前にカウンターが5席ほど、後はテーブルが4人用2つと2人用1つのコンパクトさも関係しているものと思われます。もうひとつ掃除が徹底しているのも良いですね。キッチンに掛けられている銅鍋などはピカピカです。

肝心の料理は、これまた質実剛健な料理といえるかもしれません。基本がしっかりとした、食べて安心できる料理です。ランチで1,000円から1,500円以下と良心的です。コーヒー、紅茶は付きますが、デザートは別料金となるのも良い点です。奥様やマダムが集まるこじゃれたレストランの中にはメインよりもデザートに力をいれた本末転倒のお店がよくありますからね。

今日は、メインに魚と肉をそれぞれ選択しました。魚料理はその日のおすすめが一品になりますが、肉料理などは数種類から選べます。今日の魚料理は「真鯛のポワレ」。これはよく見かけるメニューですが、質、量とも合格点です。大きめな魚2切れは皮目はしっかり身はしっとり焼かれております。ポワレの上にはたっぷりのガルニの野菜が載っているのもうれしいですね。さらに小海老やあさりが入った魚介のソースがよくマッチしています。この辺りの小技はうれしい限りです。

牛肉の赤ワイン煮込み


相方は「牛肉の赤ワイン煮込み」。これまた王道的なメニューです。値段からか、高級なとろけるようなお肉とはいきませんが、値段以上の質と量といえるでしょう。これもソースは秀逸です。まぁ、これはキッチンの中のクズ野菜が満載の大きな寸胴鍋を見れば納得できるというものです。

サービスは必要最低限のもので、ちょっと素っ気ない気もしますが、自腹で食べたり、勝負デート以外なら問題ないでしょう。気軽に食べるにはこれくらいで十分かと思います。

観光地の洋食は格好ばかりで値段が高くて敬遠している人、基本がしっかりとしていて食べて安心できる人、おいしいものを懐を気にせず食べたい人・・・これらの人には一度訪れてみてほしい店です。


旬欧亭

伊東市桜ヶ丘1-3-20 クレール桜ヶ丘1F (伊東線南伊東駅前)
0557-37-1341 営業時間ランチ11:30~ ディナー~22:00    
定休日.水曜日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。